オートバックスのエンジンオイルは量り売りもやってるの?値段も紹介

オートバックス 交換費用
 

シェアする

オートバックスではエンジンオイルの量り売りをおこなっています。

一般的にはあまり知られていませんが、一部のユーザーのなかではかなり割安で「お得感がある」ということで人気があります。知る人ぞ知るお得メニューといった感じでしょうか。

ここでは、気になる「オイルの質」や値段についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

エンジンオイルの選び方について

エンジンオイルの選び方

オートバックスに行くとオイルの商品棚にはたくさんのオイルが所狭しと並んでいます。

数ある中で度のエンジンオイルを選んでいいのか分からなく困ってしまいますよね。

オイルを選ぶ時は、「粘度」「ベースオイル」「品質規格」の3つが決め手です。

1.「粘度」

粘度=オイルの固さになります。単純にオイルが硬い・柔らかいという区別で選択するのではなく、車にあった硬さを選択する事が良いです。

例えば5w-30と言うオイルの場合、5Wの数字が小さいほど低温時に柔らかいオイルと言う意味になります。右側の30は数字が大きいほど高温時にオイルが硬い状態の意味を表しています。

左側の数字が小さければ小さいほど「サラサラなオイル」と言っていいでしょう。それだけ低温時のエンジンの始動がよくなり低燃費になります。

右側の数字が大きければ大きいほど「熱に強いオイル」をさし、エンジンが高温時でもオイルの機能をきちっと保ってくれる特性があります。高速やスポーツ走行する場合には大きい数字のものを選択するのが良いでしょう。

但し現在のECOカーは低燃費仕様オイルを使用するようになっていますので、それ以外のオイルを使用するとエンジンを痛める結果につながっていきます。

2.「ベースオイル」

エンジンオイルを選ぶ際には、硬さの次に選択するのがベースオイルです。

【化学合成油】
エンジンオイルに求める性能を全て満たしているオイルと言っていいでしょう。不要な成分が入っていないので、低温時の流動性に優れている特性があります。その分、値段が高くなってしまいます。

【部分合成油】
化学合成油と鉱物油を混合したオイルと言った方がわかりやすいと思います。鉱物油の弱点である揮発性の高さを化学合成油がカバーすると言う特性があります。性能・コスト共に標準クラスと言ってもいいでしょう。

【鉱物油】
一般的に使用されているエンジンオイルになります。ディーラーでオイル交換と言ったら確実に鉱物油になります。コスパには優れていますが、オイルの劣化が化学合成油と比較すると早く劣化する傾向になります。

3.品質規格

API(米国石油協会)とILSAC(日米自動車工業会)によって定められている規格になります。簡単に言うとエンジンの出力向上や省燃費性能・環境保全に重視した特徴があります。

現在販売されているオイルの規格の順番は、SN>SM>SL>SJの順になっており、SN規格が現在では最高規格という事になります。

スポンサーリンク

オートバックスのエンジンオイルの値段は?

オートバックスのオイル量り売りの価格は以下の5段階にわかれます。

  • ~660cc
  • 661cc~1500cc
  • 1501cc~2000cc
  • 2001cc~3000cc
  • 3001cc~

このように排気量によって価格がわかれています。

価格は店舗やオイルの種類によっても違いますが、軽自動車(660cc)の場合は1800円(税別)~3720円(税別)といった価格帯。コンパクトカーの場合は2270円(税別)~4390円(税別)という形が多いのが特徴です。

エンジンオイルは量り売りもできる?

オートバックスの営業時間

また、オートバックスで一般的に量り売りされているエンジンオイルの種類は4種類です。

  • スペシャルW
  • エクセレントX
  • エクセレントS ZERO
  • プレミアムV

価格はスペシャルWが一番安く、エクセレントXとエクセレントS ZEROが同価格で2番目に安く、プレミアムVが一番高いという形になっています。

ちなみに価格がおなじ「エクセレントX」「エクセレントS ZERO」の違いは適合車種の違いです。エクセレントXは5w-30、エクセレントS ZEROは0w-20が適合車ということで指定されています。具体的な価格は下記の形になります。

・スペシャルW
660cc~……1800円
661cc~1500cc……2270円
1501cc~2000cc……2750円
2001cc~3000cc……3320円
3001cc~……3700円

・エクセレントX
660cc~……2650円
661cc~1500cc……3130円
1501cc~2000cc……3600円
2001cc~3000cc……4270円
3001cc……4840円

・エクセレントS ZERO
660cc~……2650円
661cc~1500cc……3130円
1501cc~2000cc……3600円
2001cc~3000cc……4270円
3001cc……4840円

・プレミアムV
660cc~……3720円
661cc~1500cc……4390円
1501cc~2000cc……5150円
2001cc~3000cc……5910円
3001cc~……6670円

またエンジンオイルの量り売りは6リットルまで選ぶことができ、それ以上必要な場合は0.5リットル単位で追加料金を支払うという形です。

スポンサーリンク

オイル交換の料金はどれくらい?

オートバックスのエンジンオイル交換にかかる料金は「オイル代金+工賃」です。工賃は500円(税別)で発生してしまいますが、カード会員になることでこの工賃を無料にすることもできます。

カードの入会はその場ででき、500円(税別)の入会費と500円(税別)の年会費がかかります。

その後は1年ごとに500円の年会費を支払えば、さまざまな工賃が無料になる特典がついたカードですのでかなりお得だといえます。ぜひ利用してみてくださいね!

エンジンオイルの減りが早い原因は?

エンジンオイルのチェック

エンジンオイルのチェックにレベルゲージを見ます。この時に前回いれたオイルよりも減っている事があります。

基本的にはオイル揮発などで減る事はありますが、目に見えて減ると言う場合には何らかの原因があると考えていいでしょう。

<オイル上がりが原因の場合>

エンジンオイルはエンジン内の金属の潤滑剤としての用途がありますが、何らかの原因によってピストンリングが摩耗する事で燃焼室内にオイルが入り込んでしまう現象になります。

ピストンリングの摩耗はエンジンオイルの交換を怠っていた等の整備不良が原因となり、この現象をなくすためには、エンジンをオーバーホールが必要になってしまいます。

<オイル下がりが原因の場合>

吸排気バルブからオイルが侵入しない為にステムシールと言う部品が取り付けられています。このステムシールが劣化すると、そこからオイルが燃焼室に侵入してきます。この現象をオイル下がりといいます。

これはエンジンオイルのメンテナンス不良によって起きる現象になります。この場合はバルブヘッドの分解作業で交換する事が出来ますので、オーバーホールまでする必要はありません。

減りが早い場合の対策について

オイルの減りが早い場合の対策としては、修理する事が一番いいのですが、当然コストが非常に高くなってしまいます。

エンジンオイルの交換を怠っている事が原因が主ですから、オイル交換を定期的に行う事が重要な要件になります。

「6カ月で交換」「3000kmで交換」などと自分なりの基準を決めて必ずオイルメンテナンスをする事が大事です。そうすることで不要なエンジントラブルに巻き込まれることが避けられる事になりますよ。

★新車を購入をお考えなら必見!! 知らずに損をすることも

車の買い替えの際、愛車の査定相場を把握しておかないと、ディーラーで下取りを安く提示されている事もわからず、大きな損をしてしまいます・・・

・走行距離が多い
・事故歴がある
・年式が古い
実はこういう車でも高値が付く事も多いんです!

最大65万円も差がでた車もありますのでネットの一括査定サービスを利用しましょう。

今乗っている車を一括査定して、愛車の最高額を知ることで買い替えの際に買取額を把握できます!

【簡単査定ガイドの特徴】 簡単車査定ガイド

●まずは無料で簡単に査定可能(愛車の情報を入力)
●入力してたった1秒で愛車の最高額(概算)がわかる
●最大10社の大手買取業者から一括査定、比較できるので安心

 

>>『かんたん車査定ガイド』公式サイトはこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする