【車の空気圧】点検の目安や空気入れの料金はこちら

タイヤ 空気圧
 

シェアする

車に毎日乗っている方やたまにしか車に乗らないと言う方も多いと思いますが、タイヤの空気圧を気にした事はありませんか?

タイヤの空気圧は、意外と気にしないで過ごしてしまいがちです。せめて月に1回は空気圧をチェックする事を心掛けましょう。

スポンサーリンク

車の空気圧の目安について

空気圧の目安

タイヤの空気圧の目安がわからないと言う方も当然いるかと思います。確実にタイヤが潰れている場合やなんとなく潰れている?なんて思った場合には、空気圧をチェックする事が大事です。

空気圧の目安が表示されているのは運転席側の扉部分周辺にタイヤサイズと空気圧の数値が書かれているシールが貼られているはずです。そこに書かれている数値がタイヤの空気圧の目安となる数値です。

空気圧点検方法と注意事項はこちら

空気圧を点検する方法

タイヤの空気圧を点検する方法は、エアゲージがあればそれで確認する事が可能です。安いものから高い物まであるので、自分の財布にあったエアゲージはもっていた方がいいでしょう。

エアゲージで空気圧を点検する時の注意点

1.タイヤが冷えている段階で空気圧の点検をする事で適切な空気圧が計測出来ます。タイヤが熱い状態の時は空気が膨張しているので、適切な空気圧が図ることが出来ません。

2.空気圧の調整は、目安数値より低い数値にならないようにします。また数値よりも高めで設定する場合でも、目安数値の10%以内に収めるようにしましょう。

3.空気バルブの根元から空気が漏れている場合もあるので、その場合は石鹸水をバルブの根元に塗布する事で、泡が出来れば空気漏れがしている事になります。

4.スペアタイヤが装備されている車も月に1度は空気圧の点検をしておきましょう。

スポンサーリンク

空気入れはガソリンスタンドでできる?

ではタイヤの空気圧が減っている場合にはどこで空気を入れる事が出来るのでしょうか?一番手軽なのが、ガソリンスタンドです。

最近では、セルフのガソリンスタンドが多くなっていますが、「エアタンク型の空気入れ」又は「据え置き型のプリセット型」のどちらかが必ず置いてあります。セルフスタンドの場合は自分で空気圧の調整をしなくてはなりませんが、常駐の店員さんがいるので、わからなければやってくれます。

フルサービスのスタンドでは店員さんに「空気圧を見て」と一言、言うだけで空気圧を見てくれます。

オートバックスの空気圧点検の料金は?

空気圧点検の料金

カー用品店のオートバックスでも、当然ながら空気圧の点検はしてくれます。タイヤを売っている訳ですからね。

オートバックスで空気圧点検すると有料と言うイメージがあるかと思いますが、オートバックスではタイヤの空気圧点検は無料で行ってくれます。オートバックスの店舗にもよりますが、エアタンク型の空気入れか据え置きタイプのプリセット型のどちらかで無料で空気圧を調整点検してくれます。

タイヤの空気圧の点検方法や料金について紹介してきました。車のタイヤは最重要点検ポイントです。空気圧が少なかったりすると、燃費が悪くなったり、乗り心地が悪くなります。

ディーラーなどでも点検してくれるので、最低でも1ヶ月に1回は空気圧点検を行ってください。空気圧は大体どこも無料で入れられますから、気になったら入れに行くのが一番です。

★新車を購入をお考えなら必見!! 知らずに損をすることも

車の買い替えの際、愛車の査定相場を把握しておかないと、ディーラーで下取りを安く提示されている事もわからず、大きな損をしてしまいます・・・

・走行距離が多い
・事故歴がある
・年式が古い
実はこういう車でも高値が付く事も多いんです!

最大65万円も差がでた車もありますのでネットの一括査定サービスを利用しましょう。

今乗っている車を一括査定して、愛車の最高額を知ることで買い替えの際に買取額を把握できます!

【簡単査定ガイドの特徴】 簡単車査定ガイド

●まずは無料で簡単に査定可能(愛車の情報を入力)
●入力してたった1秒で愛車の最高額(概算)がわかる
●最大10社の大手買取業者から一括査定、比較できるので安心

 

>>『かんたん車査定ガイド』公式サイトはこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする