オートバックスでアライメント調整を頼んだ時の料金や所要時間は?

オートバックスのアライメント調整
 

シェアする

ハンドルを握って車を走らせていると、わかりにくいのですが、ハンドルを持つ手の力をぬいて車を走らせた時にまっすぐ走らずに、右に寄って行く・左に寄って行く事は有りませんか?路面の状態もありますが車のアライメントが狂っているかもしれません。

ここでは、あまり聞きなじみのない「アライメント調整」についてご紹介します。

スポンサーリンク

車の「アライメント調整」とは?

アライメント調整のメリット
画像引用元:http://www.carsensor.net/contents/market/category_1491/_27857.html

アライメントが狂っていると、直進性能が落ち、

  • 車が左右に曲がって行く
  • コーナー旋回時に違和感がある様な曲がり方をしていく
  • 走行中に車がフラフラする

などが考えられます。これらの症状は車のアライメントが狂っている証拠になります。

アライメント調整には「キャンバー角度」「キャスター角度」「キングピン・トゥ」「ターニングラジアス」があり、正規の位置に戻す事をアライメント調整といいます。

「サイドスリップ調整」と「アライメント調整」の違いは?

アライメント調整

『アライメント調整』と『サイドスリップ調整』の違いはと言うと、アライメント調整はキャンバー角・キャスター角・トー角などを調整して車の直進性の向上や、コーナー走行時の安定性・足周りの負担を減らす目的で行われます。アライメント調整の中にトー角の調整も入っているのです。

サイドスリップ調整だけをお願いする場合にはトー角調整だけですから、車の直進性だけに特化した調整方法と言ってもいいかもしれません。

車検時にはキャンバー角やキャスター角の点検項目は入っていないです。車検では車はとりあえず、ハンドルを動かさない状態でまっすぐ進めば問題がないと言う事ですから、キャンバーやキャスター角が変わっていてもトー角さえ出ていれば問題は有りませんと言う事になるのです。

サイドスリップ調整

足周りのパーツをいじった時にアライメント調整はお願いしますが、サイドスリップ調整はお願いしませんよね。サイドスリップ調整とは、車高を低くしたり高くした場合にタイヤのトー角が変わってしまう為に調整する必要があります。

トー角はタイヤを上から見た時に外に向いているのか内に向いているかの角度の事です。トー角がちゃんと出ていないと車はまっすぐ進む事ができません。

まあサイドスリップは車検項目に入っているので最低でもトー角だけは出しておくべきです。サイドスリップは車が1m進んだ時に左右のどちらかに何ミリ動いたかを測定します。

スポンサーリンク

アライメント調整をするメリットについて

燃費の改善
画像引用元:https://nikkan-spa.jp/category/car

燃費の改善はもちろん、直進での安定性の増加とコーナー旋回時の安定性の向上が図られて 車のコントロールが楽になるというメリットがあります。

また、タイヤやサスペンション等の足回パーツ類の耐久性が向上する効果もあります。

多くの部分で車に対する負荷が減っていくので、やっていくほうがいいですよ♪

ホイールアライメントで車がまっすぐ走るってホント?

ホイール アライメント

「キャンバー角度」「キャスター角度」「キングピン・トゥ」はタイヤを取り付ける部分の角度調整になっています。この4点が正しい角度であれば、車の直進性が向上するので、路面状態が確実にフラットな状態で有れば、ハンドルから手を放しても車は直進していきます。

この4点のうち一つでも、角度が狂ってしまっただけで車は直進出来ずに左右のどちらかに曲がって行ってしまいます。4点の角度がキッチリ正常な位置にあってこそ、車本体の負担軽減につながるのです。

オートバックスに頼んだ時の料金と所要時間は?

アライメント調整の費用

オートバックスでは、タイヤのホイール交換や足周り部品の交換を行った時にアライメント調整をすることを勧めています。最低でもタイヤ交換時にホイールを外した時でも、アライメント測定はした方が本来行った方がいいでしょう。

オートバックスでのアライメント調整費用と作業時間は、

  • 測定時間 30分~
  • 測定費用 6000円~
  • 調整時間 2時間~
  • 調整費用 店舗に確認してください

となっています。

測定時に調整が必要な状態ならそのまま調整してもらった方がいいでしょう。

スポンサーリンク

アライメント調整はいつするべき?

調整の時期
画像引用元:http://smaclub.jp/archives/22014

アライメントは簡単には狂わないのでは?と思っている方も多いのですが、意外と簡単に狂いが生じる物です。縁石や段差に激しくヒットした場合は確実に狂ってしまいます。

アライメント調整はサスペンション交換・ショック交換・車高調交換又は調整時・タイヤのインチアップ等だけではなく、直進性がなくなった場合やコーナー時に挙動がおかしい場合・車がふらつくと言った時にはアライメントが狂っている可能性が高いので、調整する事が望ましいです。

サイドスリップ計測機にかけてパス出来ないと車検は通りませんし、パーツ交換等の余分な出費も考えられます。

アライメント調整の必要性について紹介してきました。アライメント調整自体の金額は2~3万円程度で行えるので、車検時に行うのではなく1年に一度は最低調整しておくとよいかもしれません。

また調整する時間はある程度かかるので、一日は車を預ける気持ちでいた方が良いでしょう。タイヤが片べりしている症状があるようであれば、タイヤ交換を繰り返すよりもアライメント調整をかけた方がはるかに経済的ですよ~。

★新車を購入をお考えなら必見!! 知らずに損をすることも

車の買い替えの際、愛車の査定相場を把握しておかないと、ディーラーで下取りを安く提示されている事もわからず、大きな損をしてしまいます・・・

・走行距離が多い
・事故歴がある
・年式が古い
実はこういう車でも高値が付く事も多いんです!

最大65万円も差がでた車もありますのでネットの一括査定サービスを利用しましょう。

今乗っている車を一括査定して、愛車の最高額を知ることで買い替えの際に買取額を把握できます!

【簡単査定ガイドの特徴】 簡単車査定ガイド

●まずは無料で簡単に査定可能(愛車の情報を入力)
●入力してたった1秒で愛車の最高額(概算)がわかる
●最大10社の大手買取業者から一括査定、比較できるので安心

 

>>『かんたん車査定ガイド』公式サイトはこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする