本ページはプロモーションが含まれています

BMWドアロックアクチュエーター故障と交換費用の目安

}


BMW車のドアが開かない、鍵が閉まらないなどの症状でお困りではありませんか?その原因は、ドアロックアクチュエーターの故障かもしれません。

アクチュエーターとは、ドアの施錠・解錠を電気的に制御する部品です。長年の使用による経年劣化や電気系統のトラブルなどが原因で壊れると、ドアロックピンが上がらず、ドアが開かなくなるなどの問題が生じます。

もし故障したアクチュエーターを放置すると、ドアの開閉不能やセキュリティ上のリスクが生じるだけでなく、車検に通らない可能性もあります。

ここでは、BMWのドアロックアクチュエーター交換の費用相場や故障症状、寿命、DIY交換のメリット・デメリットなどを詳しく解説します。

この記事のポイント
  • BMWのドアロックアクチュエーター交換にかかる費用の相場
  • アクチュエーター交換を行う際の選択肢(ディーラー、整備工場、自分で交換)とそれぞれの特徴
  • ドアロックアクチュエーターの故障原因と症状
  • アクチュエーター故障が車検に与える影響と対処法

目次

ドアロックアクチュエーター交換の費用

BMWのドアロックアクチュエーターを交換する際の費用相場は、どのくらいでしょうか。まず、純正部品を使ってディーラーで交換する場合、部品代と工賃を合わせると、およそ3万円前後が目安となります。

一方、中古の交換用アクチュエーターを購入し、整備工場に取り付けを依頼すれば、費用を抑えることができます。中古部品の価格は、1万円前後が相場です。これに加えて、工場の工賃が1〜2万円程度必要となるため、トータルでは2〜3万円ほどになるでしょう。

また、ご自身でアクチュエーターを交換することも可能です。この場合、部品代のみで済むため、最もコストを抑えられます。ただし、作業にはある程度の難易度があるため、時間と手間を覚悟する必要があります。

オートバックスでの修理費用の相場は?

次に、オートバックスでの修理費用の相場について見ていきましょう。オートバックスでは、通常、純正部品を使用して修理が行われます。そのため、部品代だけで3万円前後かかります。さらに、工賃として1〜2万円が上乗せされるため、合計で4〜5万円程度が目安となるでしょう。

ただし、もし中古のアクチュエーターを持ち込めば、部品代を大幅に節約できます。その分、全体の費用を抑えられるはずです。しかし、中古品の状態によっては、交換作業が難航する可能性もあるため、注意が必要です。

オートバックスに修理を依頼する際は、作業ミスのリスクや、確実に修理できるかどうかも考慮に入れましょう。料金の相場を把握した上で、自分のニーズと修理内容を照らし合わせ、最適な選択をすることが肝要です。

ディーラーでの交換費用はいくらくらい?

BMWのディーラーでドアロックアクチュエーターを交換する場合、どのくらいの費用が掛かるのでしょうか。まず、純正部品のアクチュエーターの価格は、3万円前後が相場です。これに加えて、交換作業の工賃が発生します。

ディーラーの工賃は、1時間当たり1万円程度が一般的です。アクチュエーター交換には、およそ1〜2時間を要するため、工賃は1〜2万円となるでしょう。したがって、部品代と工賃を合計すると、4〜5万円程度が目安となります。

ただし、これはあくまでも目安であり、車両の状態や、ディーラーによって多少の差が生じる可能性があります。また、他の部品の損傷等が見つかった場合は、追加の修理費用が発生する場合もあるので注意が必要です。

業者に依頼した場合の修理費用目安

BMWのドアロックアクチュエーター交換を、ディーラー以外の一般的な整備工場に依頼した場合、費用はどの程度になるのでしょうか。まず、部品代ですが、純正品を使用する場合は、ディーラーと同様に3万円前後が相場となります。

一方、中古品や社外品を使用すれば、部品代を1万円前後に抑えられる可能性があります。ただし、品質や耐久性に差が生じる可能性があるため、慎重に選ぶ必要があります。

次に、工賃ですが、一般的な整備工場の場合、1時間当たり5,000円〜1万円程度が相場です。アクチュエーター交換に1〜2時間程度を要するため、工賃は5,000円〜2万円となるでしょう。

以上を踏まえると、一般的な整備工場でアクチュエーター交換を行う場合、部品代と工賃を合わせて、2〜5万円程度が目安になると考えられます。

BMWのドアロック修理にかかる一般的な費用

BMWのドアロック修理に掛かる一般的な費用について、まとめておきましょう。純正品のアクチュエーターを使用し、ディーラーで交換する場合が最も高額で、4〜5万円程度が目安となります。

これに対し、一般的な整備工場で修理を行う場合は、純正品を使用しても、部品代と工賃を合わせて3〜4万円程度に抑えられる可能性があります。さらに、中古品や社外品を使用すれば、2〜3万円程度まで費用を下げられるかもしれません。

ただし、中古品や社外品を使用する場合は、品質や耐久性に注意が必要です。安価な部品を使用することで、かえって修理の頻度が増えてしまっては、長期的なコストが高くつく恐れがあります。

また、ご自身で交換作業を行えば、工賃分を節約できます。ただし、作業には一定の難易度があるため、自信のない方は無理をせず、専門家に依頼することをおすすめします。

BMWのドアロックアクチュエーター交換について

BMWのドアロックアクチュエーターは、ドアの開閉を制御する重要な部品です。このアクチュエーターが故障すると、ドアのロック・アンロックができなくなったり、ドアが開かなくなったりする問題が生じます。

アクチュエーター交換は、BMWオーナーにとって悩ましい問題の一つです。純正部品は高価ですし、交換作業にも一定の手間と時間が掛かるためです。

ただし、故障したアクチュエーターを放置すると、ドアの開閉に支障が出るだけでなく、セキュリティ面でのリスクも高まります。また、他の部品に悪影響を及ぼす可能性もあるため、早めの交換が推奨されます。

交換する際は、純正品を使うのか、中古品や社外品を使うのか、ディーラーで交換するのか、一般の整備工場に依頼するのかなど、さまざまな選択肢があります。コストと品質、リスクなどを総合的に判断して、最適な方法を選ぶことが大切です。

ドアロックアクチュエーターの故障した際の症状

BMWのドアロックアクチュエーターが故障すると、どのような症状が現れるのでしょうか。まず、キーレスエントリーやセントラルロッキングが効かなくなる場合があります。リモコンでドアのロック・アンロックができなくなったり、運転席のスイッチでほかのドアをコントロールできなくなったりします。

また、ドアが開かなくなる、あるいは閉まらなくなるといった症状も見られます。アクチュエーターの動作不良により、ラッチ(ドアを閉じた状態に保持する部品)が正常に働かなくなるためです。

さらに、ドアを開閉する際に、異音がしたり、重さを感じたりする場合もあります。アクチュエーターの内部部品が磨耗や損傷を起こしていると、スムーズな動作ができなくなります。

これらの症状は、必ずしもアクチュエーターの故障とは限りませんが、もし複数の症状が現れた場合は、アクチュエーターの不具合を疑ってみる必要があるでしょう。早期発見・早期交換が、トラブルを未然に防ぐ鍵となります。

故障したアクチュエーターが引き起こす問題

故障したドアロックアクチュエーターを放置すると、どのような問題が生じるのでしょうか。まず、ドアの開閉に支障が出ることで、乗降時の利便性が大きく損なわれます。ドアが開かない、閉まらないとなれば、車の乗り降りすら困難になってしまいます。

また、ドアのロック・アンロックができない状態では、車両のセキュリティが脅かされます。駐車中に不正に侵入されるリスクが高まるだけでなく、走行中にドアが開いてしまう危険性もあります。

加えて、アクチュエーターの故障によって、他の部品に悪影響が及ぶ可能性もあります。例えば、ドアヒンジやストライカー(ドアを閉じた状態で固定する受け側の部品)に過剰な力が掛かり続けると、これらの部品も損傷し、修理の範囲が広がってしまうかもしれません。

そのため、アクチュエーターの故障を見つけたら、できるだけ早めに交換することをおすすめします。初期の段階で対処すれば、修理費用を最小限に抑えられるはずです。万が一の事故やトラブルを防ぐためにも、早期の対応が肝心です。

ドアロックアクチュエーターとはどんな部品?

ドアロックアクチュエーターは、車のドアを施錠・解錠するための重要な部品です。ドアの内部に設置されており、電気信号を受けて作動します。具体的には、キーレスエントリーやセントラルロッキングからの信号を受け取り、ドアラッチ(ドアを閉じた状態に保持する機構)を制御します。

アクチュエーターは、モーターとギアで構成されています。信号を受けると、モーターが回転し、ギアを介してラッチを動かします。これによって、ドアの施錠・解錠が行われるのです。

また、アクチュエーターは、ドアの開閉状態を車両のコンピューターに伝える役割も果たしています。ドアが確実に閉まっているかどうかを検知し、その情報を他のシステムに提供しているのです。

このように、ドアロックアクチュエーターは、車両の利便性とセキュリティを支える重要なパーツの一つといえるでしょう。普段は意識することの少ない部品ですが、故障すると大きな不便が生じます。

BMWでドアロックピンが上がらない原因とは

BMWでドアロックピンが上がらない、つまりドアがロックされない問題は、ドアロックアクチュエーターの故障が原因であることが多いです。アクチュエーターが正常に作動しないと、ラッチが動かず、ドアを施錠できなくなります。

具体的なアクチュエーターの故障原因としては、以下のようなものが考えられます。まず、経年劣化によるモーターやギアの磨耗・損傷です。長年の使用で部品が疲弊し、動作不良を起こすようになります。

また、電気系統のトラブルも原因となり得ます。アクチュエーターに信号が正常に伝わらなかったり、接触不良によって動作が intermittent(断続的)になったりすることがあります。

さらに、機械的な問題、例えばアクチュエーターのリンク機構の破損や、ラッチとの接続不良なども考えられます。こうした場合、アクチュエーター自体は作動していても、ロックピンを上げられない状況に陥ります。

これらの原因を特定するには、診断機を用いた専門的な故障診断が必要です。BMWオーナーの方は、ドアロックの不具合に気づいたら、早めに専門店で点検を受けることをおすすめします。

ドアロックアクチュエーターの一般的な寿命

ドアロックアクチュエーターの寿命は、車種やメーカー、使用状況によって異なりますが、一般的には8〜12年程度といわれています。これは、1日に数回ドアの開閉を行い、1年で数万回の作動を想定した場合の目安です。

ただし、この寿命は、あくまでも平均的な数値であり、個々の車両によってばらつきがあります。例えば、頻繁にドアの開閉を行う車両や、過酷な環境下(寒冷地や塩害地域など)で使用される車両では、アクチュエーターの寿命が短くなる傾向があります。

また、定期的なメンテナンスを行わないと、アクチュエーターの寿命は大幅に短くなってしまいます。ドアヒンジの潤滑不足や、ドア周りのゴミ・汚れの蓄積は、アクチュエーターに過剰な負荷を与える原因となります。

長くアクチュエーターを使うためには、日頃からドア周りを清潔に保ち、異音や動作の重さなどの異常兆候に気を配ることが大切です。そして、症状が現れたら、早めに専門家に点検・修理を依頼するようにしましょう。

車検でアクチュエーター故障は問題になる?

車検の際に、ドアロックアクチュエーターの故障が問題になるかどうか、気になる方も多いでしょう。結論から言えば、アクチュエーターの不具合は、車検に通らない可能性が高いです。

車検では、車両の安全性や環境適合性が厳しくチェックされます。ドアロックは、走行中の安全性に直結する重要な装置であるため、確実に作動することが求められているのです。

もし、車検の際にアクチュエーターの故障が発見されれば、修理するまで車検証が発行されません。故障したまま車検を通すことはできないのです。

ただし、軽微な不具合であれば、その場で修理できる場合もあります。例えば、接触不良による動作不良なら、接点を清掃することで解決できるかもしれません。

しかし、アクチュエーター自体の故障や、ドアラッチなど関連部品の損傷が見つかった場合は、その場での修理は難しいでしょう。部品の交換が必要になるため、時間と費用がかかってしまいます。

そのため、BMWオーナーの方は、車検前にドアロックの動作チェックを行い、不具合があれば前もって修理しておくことをおすすめします。そうすれば、車検当日のトラブルを避けられるはずです。

BMWドアロック故障の主な原因は何?

BMWのドアロックが故障する原因は、さまざまです。その中でも、主な原因として挙げられるのが、以下の3つです。

1つ目は、経年劣化によるアクチュエーターの磨耗・損傷です。アクチュエーターは、モーターやギアで構成される精密部品です。長年の使用で、これらの部品が摩耗したり、ギア同士の噛み合わせが悪くなったりすると、動作不良を起こします。

2つ目は、電気系統のトラブルです。アクチュエーターは、電気信号を受けて作動する部品なので、配線の断線や接触不良が原因で故障することがあります。また、車両のコンピューターやセンサーの不具合によって、正常な信号が送られない場合もあります。

3つ目は、機械的な問題です。例えば、ドアラッチやリンク機構の損傷、ドアヒンジのガタつきなどが原因で、アクチュエーターに過剰な負荷がかかると、故障につながります。

これらの原因は、単独で発生する場合もあれば、複合的に重なって発生する場合もあります。故障原因を特定するには、専門的な診断が必要です。

BMWオーナーの方は、ドアまわりの異音や動作の重さなど、普段と違う兆候を見逃さないようにしましょう。そして、異常を感じたら、早めに専門店で点検を受けることをおすすめします。

自分で交換するメリット・デメリットは?

ドアロックアクチュエーターの交換を自分で行うことについて、メリットとデメリットを見ていきましょう。

まず、メリットとしては、費用の節約が挙げられます。BMWディーラーや整備工場に依頼すると、部品代と工賃で数万円の費用がかかります。しかし、自分で交換すれば、部品代のみで済むため、大幅に費用を抑えられるのです。

また、自分のペースで作業ができるのも魅力の1つです。店舗に預けると、預かり時間や仕上がり時間が限定されてしまいます。しかし、自分で交換すれば、空いた時間を使って、じっくりと作業に取り組めます。

一方、デメリットもあります。最大のデメリットは、作業の難易度の高さです。アクチュエーター交換は、ドアトリムの脱着から始まり、ラッチやリンク機構など、細かい部品を扱う必要があります。経験のない方にとっては、非常に challenging な作業となるでしょう。

また、万が一、作業ミスがあった場合、部品を破損してしまう可能性があります。その場合、余計な出費を強いられることになります。

さらに、交換後の動作チェックや調整にも、専門的な知識が必要です。素人判断で完了してしまうと、後々トラブルが発生するかもしれません。

以上を踏まえると、アクチュエーター交換は、自動車整備に詳しく、十分な工具を持っている方以外は、自分で行うのは難しいと言えます。費用を節約したい気持ちはわかりますが、安全性と確実性を考えると、やはりプロに任せるのが賢明です。

BMWオーナーの方は、自分の知識とスキルを冷静に判断し、無理のない選択をすることをおすすめします。

BMWドアロックアクチュエーター交換の費用のまとめ

  • BMWのドアロックアクチュエーター交換の費用相場は、状況によって異なる
  • ディーラーでの交換が最も高額で、純正部品と工賃で4〜5万円程度である
  • 一般整備工場での交換は、ディーラーよりも安く、2〜5万円程度である
  • 中古品や社外品を使用することで、費用を抑えることが可能である
  • 自分で交換すれば、部品代のみで済むため、大幅に費用を節約できる
  • アクチュエーターの故障症状には、キーレスエントリーやセントラルロッキングの不具合などがある
  • 故障の原因は、経年劣化、電気系統のトラブル、機械的な問題などである
  • 故障したアクチュエーターを放置すると、ドアの開閉不能やセキュリティ上のリスクが生じる
  • 車検では、アクチュエーターの不具合があると通過できない可能性が高い
  • 車検前には、ドアロックの動作チェックと必要な修理を済ませておくべきである
  • アクチュエーターの寿命は一般的に8〜12年程度だが、使用状況によって異なる
  • 定期的なメンテナンスとドア周りの清掃が、アクチュエーターの寿命を延ばすために重要である
  • 自分で交換する場合、費用節約というメリットがあるが、作業の難易度が高いというデメリットもある
  • プロに任せることで、確実で安全な交換が期待できる

新車に乗りたい!愛車を高く売りたい方にオススメ

古い型、8万キロも走ってる!実は自分が思っているよりも車は高額で売れます!

愛車の事で下記をお悩みなら必見です。

  • 新車購入で下取りを考えている
  • 車検もあるし、車を修理して乗るか迷ってる
  • 買取してもらいたいけど、出来るだけ車を高く売りたい

大体の方は新車の購入の際、ディーラーなどで言われるままに下取りに出してしまいます。

取りだと簡単に車は売れますが、実はかなり損をしています。

理由として、愛車の価値をわからないので、安く提示されている事もわからず、相手の言葉を鵜呑みにして市場価格より安く売ってしまうために損をします。

だからこそ、愛車の査定相場をあらかじめ把握する必要があります。

車検が近くて、エアコンが壊れた場合など修理に迷う場合でも一度、愛車の価値をしることで修理や車検をするか判断することもできます。

愛車の最高相場を把握するために、複数の買取業者で比較することが大事で、通常より高額になる場合がほとんどです。「ナビクル」なら複数の見積もりが簡単 無料でその場でできます。

>>「ナビクル」で査定相場を調べてみる

ナビクルの実際の査定額を紹介!

自分の愛車が、走行距離が多い(10万㎞以上)、事故歴がある・廃車予定、年式が古い(10年以上)

実は上記のような、値段つかないと思う車でも、実は価値があり高値が付く事が多いんです!(海外などで日本車が人気で売れる)

最大 120万円も査定額がUPした!オススメの無料査定サービス

CMでも話題のナビクルなら簡単45秒で査定相場がわかります。

ナビクルは有名業者が一括査定することで高値の査定額が出やすいのでオススメです!

年間件数 10万件突破!!
満足度95% 今話題の車査定サービス /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次