本ページはプロモーションが含まれています

インジェクター詰まりの症状と洗浄方法や料金はいくらかかる?




自動車やバイクを快適に、そして長持ちさせるためには、エンジンの健康が不可欠です。その中心にあるのが、燃料をエンジン内に適切な量とタイミングで供給する役割を担うインジェクターです。

しかし、時間が経つにつれ、インジェクターの詰まりや故障は避けられない問題として現れます。「インジェクター詰まり 症状」というキーワードで検索しているあなたは、おそらくアイドリングの不安定さや、エンジンパフォーマンスの低下に悩んでいるかもしれません。

本記事では、インジェクターの詰まりと清掃、詰まりの症状、そしてそれを解消するためのインジェクター洗浄方法に焦点を当てます。業者によるプロの清掃から、ワコーズやオートバックスで購入可能なインジェクタークリーナーを使ったDIYまで、費用と効果を比較しながら、あなたに最適な解決策を提案します。

さらに、インジェクターの故障と診断、不良に伴う症状、故障診断から交換費用、最強のインジェクタークリーナー選びまで、幅広い知識を提供して、あなたの車やバイクが再び最高のパフォーマンスを発揮できるようサポートします。

車を高額で売るなら「ナビクル」がオススメ


愛車を損をせず売りたいなら「ナビクル」がおすすめです。

WEBで簡単に愛車の相場価格を知りたい、車を高値で買い取ってほしい人にもピッタリです!

最大60万円お得に売却!実際の査定実績や価格を公開

>>実際の査定額や実績はこちらから

買取店が数社競って高値がつくナビクルを使えば、スマホのみで簡単に愛車の最高額を知る事ができので一度WEB査定してみましょう。

\利用実績470万件突破 人気のサービス/

>>ナビクル公式サイトはこちら



目次

1. インジェクターとは何か?機能と役割

インジェクターとは、自動車のエンジンがスムーズに作動するために必要な部品の一つで、その主な役割は燃料をエンジン内に適切な量とタイミングで供給することです。この供給量は、エンジンの負荷や回転数により変化し、エンジンのパフォーマンスや燃費に直結します。

また、エンジンの種類によってもガソリン車とディーゼル車でインジェクターの種類や構造は異なります。ガソリン車のインジェクターは電子制御により燃料噴射を行い、ディーゼル車のインジェクターは高圧化された燃料をシリンダー内に噴射します。それぞれがエンジンの性能向上や環境負荷の軽減に貢献しています。

1.ガソリン車とディーゼル車のインジェクターの違い

ガソリン車とディーゼル車、それぞれのエンジンにはインジェクターと呼ばれる重要な部品が存在しますが、その働きには違いがあります。

ガソリン車のインジェクターは、ガソリンをエアフロメーターで測定した空気量に対して適正な比率で供給する役割があります。供給するガソリンの量は、エンジンコンピュータ(ECU)により制御されます。

一方、ディーゼル車のインジェクターは、高圧化したディーゼル燃料を直接シリンダー内に噴射します。この噴射は、エンジンの動作タイミングと同期して行われ、適切な燃焼を実現します。

つまり、ガソリン車はエアフロメーターとECUにより制御される対気混合噴射方式、ディーゼル車は高圧燃料を直接噴射する直噴方式という違いがあります。これらの違いから、詰まりの原因や症状、対策も異なります。

2. インジェクター詰まりの原因と症状

インジェクター詰まりの原因は、主に燃料に含まれる不純物によるものです。また、頻繁にフルアクセルで走行すると燃料の供給が過剰となり、インジェクターが詰まる可能性があります。

詰まりの初期兆候は、エンジン始動時の振動やエンジン音の変化などです。加速時にパワーダウンを感じることもあります。詳細な症状は、燃料種別により異なります。例えば、ディーゼル車ではブラックスモークの発生、ガソリン車ではアイドリング時のエンジン停止があります。

これらの症状は、燃費悪化やエンジン故障など、大きな影響を及ぼすことから早急な対処が求められます。

2.1 詰まりの初期兆候

インジェクター詰まりの初期兆候は、通常、車の性能や状態に微妙な変化が現れます。まず、アイドリング時のエンジンの振動が増加することがあります。エンジンの動作が不均等になり、アイドリングが安定しなくなるのです。更に、加速時のパフォーマンスにも影響が出てきます。アクセルを踏んでも思ったよりスピードが出ない、いわゆる「トルク不足」を感じることがあります。

また、燃費の悪化も詰まりの初期の兆候と言えます。インジェクターが詰まると、燃料の吹き付けパターンが乱れ、エンジン内部での燃焼効率が低下します。その結果、ガソリンやディーゼル燃料の消費が増え、燃費が悪化するのです。

これらの症状が現れた場合は、早めに専門家に診てもらうことをお勧めします。初期の段階で対応すれば、より大きな問題を防ぐことができます。

2.2 ディーゼルインジェクターの詰まり症状

ディーゼル車のインジェクター詰まりの症状は、エンジンの振動や音が異常になる、パワーダウンが起きる、発進が重くなる、エンジン警告灯が点灯する、燃費が悪化するなどといった多様な現象が表れます。

特に、エンジン始動性の低下やアイドリング時のエンジンの振動が感じられる場合は、早めの対策が必要です。エンジン始動性が低下する症状としては、エンジンがかかりにくくなる、かかってもすぐに止まってしまうという状態を指します。また、アイドリング時にエンジンの振動が大きくなると、車体全体が揺れるような状態になります。

これらの症状はインジェクターの詰まりによる燃料供給不良が原因であり、早急な対応が求められます。放置するとエンジンの性能低下だけでなく、最悪の場合、エンジン故障につながる可能性もあるため、注意が必要です。

2.3 ガソリン車のインジェクターの詰まり症状

ガソリン車のインジェクター詰まりの症状は複数あります。まず、アイドリングが不安定になることが一つです。エンジンがうまく回らず、停止状態での回転数が上下する現象が起こります。これはインジェクターが詰まることで燃料を正常に供給できずに起きる現象です。

次に、エンジンがかかりにくくなる、もしくは全くかからないという症状もあります。これらは、エンジンを始動させるための初期燃料供給が不十分になるためです。

また、アクセルを踏んでも反応が鈍い、パワーロス(エンジンパワーの低下)を感じるといった症状もあります。これらは、加速に必要な燃料が適切に供給されず、エンジンが十分なパワーを発揮できないために起こります。

これらの症状は、インジェクターの詰まりが進行すると顕著になります。早期発見のためにも、定期的なメンテナンスを忘れずに行いましょう。

2.4 詰まりの影響:燃費悪化、エンジン故障など

インジェクター詰まりは、燃費の悪化やエンジン故障に直結する重大な問題です。具体的には、インジェクターが詰まると燃料の供給が不十分になり、エンジンが正常に作動しなくなるため、燃費が悪化します。これは走行距離が短くなるだけでなく、経済的な負担も増大します。

また、継続的な不完全燃焼によりエンジン内部にカーボンが堆積し、エンジン故障を招く可能性もあります。特に、詰まりが進行するとエンジンの振動や音が大きくなり、最悪の場合エンジンが停止することもあります。

これらの症状が現れた時は、早急に専門家の意見を求め、対策を講じることが大切です。

3. インジェクター詰まりの対策とメンテナンス方法

インジェクター詰まりの対策としては、まず定期的な診断や点検が重要です。特に、適切なメンテナンスを怠ると、エンジン性能の低下や燃費悪化を招く可能性があります。

さらに、インジェクターの洗浄も必要不可欠な作業です。この作業により、燃料噴射口の詰まりを予防し、エンジンの性能を維持することができます。しかし、専門的な知識と技術が求められるため、プロに依頼するのが一般的です。

また、自己対策として燃料添加剤の使用も考えられます。燃料添加剤は、燃料系統をきれいに保ち、インジェクター詰まりを防ぐ効果があります。ただし、添加剤の使用だけで十分なメンテナンスが完了するわけではなく、上記の診断や洗浄と併せて行うことが望ましいです。

3.1 故障を確認するための診断や点検

インジェクターの詰まりは、車の性能低下につながるため注意が必要です。定期的な診断や点検が重要となります。

「エンジンの動きが不安定」、「アクセルを踏んでも反応が悪い」、「異音がする」など、普段と異なる症状が出た場合、インジェクターの詰まりが疑われます。その際は、自身で判断せずに専門家に診てもらうことをおすすめします。

ディーラーや車専門の修理店では、診断機を使ってエンジンや燃料供給系統の異常を探ります。特に、インジェクターの出力チェックやバルブの開閉動作を確認することで、詰まりや故障の有無を正確に判断します。

故障の早期発見には、定期的な点検が欠かせません。いますぐ予防策をとることで、大きなトラブルを防ぐことができます。

3.2 維持に必要な定期的な洗浄とメンテナンス

インジェクターの詰まりを防ぐためには、定期的な洗浄とメンテナンスが必要です。特に、長距離運転や都市部での短距離運転を頻繁に行う車にとっては、インジェクターの汚れは避けられません。汚れてしまったインジェクターを洗浄することで、エンジンの性能を維持し、燃費を改善することができます。

まず、インジェクターの洗浄方法ですが、専用の洗浄剤を使用してインジェクター内部の汚れを落とす方法が一般的です。この作業は専門的な知識と技術を要するため、自動車整備工場やディーラーに依頼することを推奨します。

次に、メンテナンス周期ですが、一般的にはオイル交換と同時期、もしくは年に1回程度が目安となります。しかし、車の使用状況や走行距離により異なるため、車両の取扱説明書やメンテナンスガイドを参考にしましょう。

以上の洗浄と定期的なメンテナンスにより、インジェクター詰まりを未然に防ぎ、車の性能を長持ちさせることができます。

3.3 自己対策:燃料添加剤の利用

インジェクター詰まりの対策として、燃料添加剤の利用が考えられます。インジェクターの詰まりは、不純物や油脂が原因となることが多いため、これらを分解し排出する助けをする添加剤が有効です。

市場には様々な燃料添加剤が存在しますので、自身の車種や使用状況に合わせた選択が必要です。例えば、「クリーンアップ添加剤」は燃焼室やインジェクターの汚れを除去する作用があります。「オクタンブースター」は燃焼効率を上げ、エンジンのパフォーマンス向上に寄与します。

ただし、燃料添加剤もあくまで予防的な措置の一環であり、既に詰まりが生じてしまった場合や重度の汚れに対しては専門の業者による洗浄が必要となる場合があります。

4. インジェクター洗浄・修理の料金

インジェクター詰まりの問題を解決するためには、洗浄または修理が必要となりますが、その料金は店舗や状況により異なります。

まず、インジェクター洗浄の料金ですが、一般的には1本あたり約5,000円~10,000円が相場となっております。また、車の種類によりインジェクターの数が異なるため、必要な洗浄数により費用も変動します。

次に、修理の料金についてですが、これは洗浄では改善しない場合や、部品の交換が必要な場合に行われます。修理の費用は一般的には、部品代と工賃を合わせて3万円~10万円程度となっております。

以下に、それぞれの料金相場を表にまとめました。

価格相場
インジェクター洗浄1本あたり5,000円~10,000円
インジェクター修理3万円~10万円(部品代&工賃込み)

これらはあくまで一般的な価格であり、具体的な費用は専門店に問い合わせて確認することをお勧めします。

4.2 料金に影響を与える要素

インジェクターの洗浄や修理の料金に影響を与える要素はいくつかあります。

まず一つ目は作業内容です。例えば、詰まりが軽度であれば洗浄だけで済む場合もありますが、詰まりがひどい場合や部品が損傷している場合には修理や部品交換が必要になるため、それに伴い料金も上昇します。

二つ目は車種や年式です。一部の高級車や旧型車では専用の部品や特殊な工具が必要となることもあり、その分、料金は高くなる傾向にあります。

三つ目は作業を行う場所によるもので、ディーラーや専門の修理工場ではプロの技術による安心感がありますが、その分高価になることが多いです。

これらの要素を考慮しつつ、適切なサービスを選ぶことが大切です。

Q&A

インジェクターに関するQ&Aについて

インジェクターの作動電圧は?

一般的なガソリン車のインジェクターの作動電圧は12Vです。インジェクターは電磁石の原理で作動しており、バッテリーから供給される12Vの電圧でコイルに通電することで開閉動作を行います。

インジェクターの仕組みについて

インジェクターは電磁石の原理で作動する電磁弁です。コイルに通電すると発生する電磁力によりプランジャーが引き上げられ、インジェクター内部の噴射孔が開きます。この状態でガソリンが噴射され、通電が止まるとプランジャーの重みで噴射孔が閉じる仕組みです。インジェクターはエンジン1気筒につき1つずつ設置されており、コンピューターの制御で最適な時期にガソリンを噴射しています。

インジェクターの動作確認について

インジェクターの動作確認は、バッテリーの端子とインジェクターのコネクターを直接つなぐことで行えます。この時、インジェクターから”カチッ”という音がすれば正常に開閉動作していることがわかります。ただし、この方法ではインジェクターに常時通電されるため、長時間の確認は避けましょう。エンジンをかけた状態で、インジェクターの”カチカチ”音を確認するのが適切な方法です。

インジェクタークリーナー 最強でおすすめは?

インジェクタークリーナーには様々な製品がありますが、プロ用の業務用製品が最も効果的です。BG社のBG44Kがプロ仲間でも定評があり、頑固なカーボン堆積物を確実に除去できる最強クリーナーとして知られています。ただし、価格が高めなのが難点です。コストを抑えたい場合は、リキッドタイプのクリーナーでも一定の効果が期待できます。

5. まとめ

  • インジェクターとは自動車やバイクのエンジンに燃料を供給する部品である
  • 燃料をエンジン内に適切な量とタイミングで供給するのが主な機能
  • ガソリン車とディーゼル車ではインジェクターの種類と構造が異なる
  • インジェクター詰まりの主な原因は燃料の不純物
  • 初期症状にはエンジンの振動や異音、加速時のパワーダウンがある
  • アイドリングの不安定は詰まりの兆候であることが多い
  • ガソリン車ではアイドリング時のエンジン停止が詰まりの症状の一つ
  • ディーゼル車の場合、ブラックスモークの発生が詰まりを示す兆候
  • 詰まりは燃費の悪化やエンジン故障に直結する
  • 定期的なインジェクターの洗浄が性能維持には必要
  • 燃料添加剤の使用は詰まり予防に役立つ
  • インジェクター洗浄は専門業者に依頼するのが一般的
  • 故障診断や修理、交換の費用は状況によって大きく異なる

新車に乗りたい!愛車を高く売りたい方にオススメ

古い型、8万キロも走ってる!実は自分が思っているよりも車は高額で売れます!

愛車の事で下記をお悩みなら必見です。

  • 新車購入で下取りを考えている
  • 車検もあるし、車を修理して乗るか迷ってる
  • 買取してもらいたいけど、出来るだけ車を高く売りたい

大体の方は新車の購入の際、ディーラーなどで言われるままに下取りに出してしまいます。

取りだと簡単に車は売れますが、実はかなり損をしています。

理由として、愛車の価値をわからないので、安く提示されている事もわからず、相手の言葉を鵜呑みにして市場価格より安く売ってしまうために損をします。

だからこそ、愛車の査定相場をあらかじめ把握する必要があります。

車検が近くて、エアコンが壊れた場合など修理に迷う場合でも一度、愛車の価値をしることで修理や車検をするか判断することもできます。

愛車の最高相場を把握するために、複数の買取業者で比較することが大事で、通常より高額になる場合がほとんどです。「ナビクル」なら複数の見積もりが簡単 無料でその場でできます。

>>「ナビクル」で査定相場を調べてみる

ナビクルの実際の査定額を紹介!

自分の愛車が、走行距離が多い(10万㎞以上)、事故歴がある・廃車予定、年式が古い(10年以上)

実は上記のような、値段つかないと思う車でも、実は価値があり高値が付く事が多いんです!(海外などで日本車が人気で売れる)

最大 120万円も査定額がUPした!オススメの無料査定サービス

CMでも話題のナビクルなら簡単45秒で査定相場がわかります。

ナビクルは有名業者が一括査定することで高値の査定額が出やすいのでオススメです!

年間件数 10万件突破!!
満足度95% 今話題の車査定サービス /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次