本ページはプロモーションが含まれています

オートバックスでルーミーのバッテリーの価格や交換料金はいくら?

}


ルーミーの車種によって推奨されているバッテリーが異なります。オートバックスではルーミー対応のバッテリーを複数種類取り揃えており、価格帯も様々です。

今回は、オートバックスで購入できるルーミー用バッテリーの種類と価格、そしてバッテリー交換の料金や時間についてご紹介します。

トヨタ ルーミーのバッテリー交換にかかる費用や料金について、いくらかかるのか紹介します。

目次

オートバックスで販売している、ルーミー対応のバッテリーの種類と価格

オートバックスで販売しているルーミー対応のバッテリーについて、以下の3つの種類と価格が確認できました。

  1. GAIAブロンズ バッテリーシリーズ
  • 充電制御車対応バッテリー
  • 価格: 11,880円(税込)
  1. GAIAプラチナ バッテリーシリーズ
  • アイドリングストップ車対応バッテリー
  • 価格: 15,880円(税込)
  1. Panasonic caos ISS A3バッテリー
  • アイドリングストップ車対応バッテリー
  • 価格: 18,880円(税込)

ルーミーは全車アイドリングストップ車のため、アイドリングストップ車や充電制御車に対応したバッテリーが適しています。

GAIAやPanasonicのバッテリーは耐久性に優れており、価格帯も異なるのでご予算や性能を考慮して選ぶことができます。

オートバックス公式

オートバックスで販売しているバッテリーの種類や価格の詳細

オートバックス バッテリーの商品一覧や価格はこちら

トヨタ ルーミーのバッテリー交換の料金と時間

トヨタ ルーミーのバッテリー交換の際にかかる料金や時間について

オートバックスでの交換料金と所要時間

トヨタ ルーミーのバッテリーをオートバックスで交換する場合、

バッテリー交換の料金と時間は、バッテリー交換の目安工賃は税抜500円からで、目安作業時間は10分からとされています。

店舗や車種によってはバッテリー交換の工賃は2,200円~となっていて、料金と時間は多少変動しますが、これが目安となります。

関連ページ

オートバックスバッテリー交換の料金や費用について

トヨタ ルーミーのバッテリー ディーラーでの交換料金や所要時間

ディーラーでトヨタ ルーミーのバッテリー交換をする場合

項目料金
バッテリー本体代15,000円~40,000円 程度
バッテリー交換工賃1,000円~3,000円 程度
バッテリー廃棄料無料~500円 程度
  • バッテリー本体代: 15,000円~40,000円:ディーラーのバッテリーはメーカー純正品を使用するため、価格が高めです。
  • 交換工賃: 1,000円~3,000円:ディーラーの工賃は1,000円~3,000円程度と相場並みです。
  • 廃棄料: 無料~500円:ディーラーでは古いバッテリーの廃棄料が無料のところもあれば、500円程度かかるところもあります。

ディーラーは信頼性が高い反面、料金が高めに設定されているのが特徴です。コストを抑えたい場合は、カー用品店や整備工場を利用することをおすすめします。

ルーミーのバッテリーを自分で交換する場合の注意点

最後に、ルーミーのバッテリーを自分で交換する際の注意点を説明します。

必要な工具と交換手順の確認

自分で交換する場合は、車種に合った専用の工具が必要です。交換手順を事前に調べて理解しておきましょう。無理な力が入ると、車体を傷つける可能性があります。

端子の清掃と固定の確認

端子接続部は必ず清掃し、固定具などでしっかりと固定する必要があります。接続が緩んでいると、エンジンがかからないなどの不具合が発生する場合があります。

電源を切ってから作業

バッテリーの接続作業の前に必ずエンジンと電源を切ってください。感電などの事故防止のため、非常に重要な点です。以上、ルーミーのバッテリー交換の注意点でした。不安な場合はディーラーまかせをおすすめします。

ルーミー対応のバッテリーの種類について

ルーミーに適合するバッテリーには、主に以下の2つの種類があります。

  1. JIS規格サイズのバッテリー
  • ルーミーの場合、JIS規格サイズは「M42」です。
  • 一部のパナソニック製バッテリーは「M65」となっています。
  • サイズが合っていないと搭載できないので、自分の車のサイズを車検証で確認する必要があります。
  1. アイドリングストップ車専用バッテリー
  • ルーミーは全車アイドリングストップ車なので、専用のバッテリーを搭載する必要があります。
  • 通常のバッテリーを搭載すると、バッテリー上がりを起こしたりアイドリングストップが正常に動作しなくなる可能性があります。

以上の2つの種類から、予算と必要な性能を考慮して選ぶのが良いでしょう。純正品は高価ですが耐久性に優れています。

ルーミーにオススメのバッテリーを紹介

ルーミーにおすすめのバッテリーとして、ボッシュ製やGSユアサ製のEFBバッテリーがあります。

ルーミーのバッテリー交換を安くする方法

最後に、ルーミーのバッテリー交換を安く済ませる方法を紹介します。

自分で交換する

ディーラーやオートバックスで交換するより、自分で交換するほうが大幅に安く済みます。工具と交換手順を理解していれば問題ありません。

アマゾンなどで購入する

アマゾンやモールサイトで購入すると、店頭よりも2~3割安くバッテリーを手に入れられます。交換は自分で行うか、地域の整備店に依頼しましょう。以上、ルーミーのバッテリー交換のコツでした。自分で挑戦するには多少の勇気がいりますが、大幅にコストダウンできるでしょう。

ルーミーのバッテリー寿命と交換時期

ルーミーのバッテリーの目安の寿命と、交換する適切な時期について説明します。

バッテリーの寿命の目安

一般的に、ルーミーのバッテリーの寿命は3~5年程度です。バッテリーの種類や使用条件によって異なりますが、このくらいが目安です。

交換時期の目安

自動車専門店などで定期的にバッテリー診断を受けましょう。診断結果が要交換と出た場合や、エンジンがかからないなどの症状が出たら、すぐに交換しましょう。

予防的な交換

3~5年を目安に、予防的に交換することをおすすめします。バッテリーが突然使えなくなることを防ぐため、定期的な交換が大切です。以上、ルーミーのバッテリー寿命と交換スケジュールについて説明しました。適切なメンテナンスを心がけましょう。

まとめ

ルーミーのバッテリー交換について

・オートバックスの交換料金と所要時間
・ディーラーとの料金比較
・自分で交換する際の注意点
・オススメのバッテリー
・交換を安く済ませる方法
・バッテリーの寿命と交換時期
・車種に合わせたバッテリー選び
・交換工程の丁寧な作業
・事前の交換手順確認の必要性
・端子の清掃と固定の大切さ
・感電防止に電源切ること
・定期的なバッテリー診断受診
・予防的な交換のおすすめ

新車に乗りたい!愛車を高く売りたい方にオススメ

古い型、8万キロも走ってる!実は自分が思っているよりも車は高額で売れます!

愛車の事で下記をお悩みなら必見です。

  • 新車購入で下取りを考えている
  • 車検もあるし、車を修理して乗るか迷ってる
  • 買取してもらいたいけど、出来るだけ車を高く売りたい

大体の方は新車の購入の際、ディーラーなどで言われるままに下取りに出してしまいます。

取りだと簡単に車は売れますが、実はかなり損をしています。

理由として、愛車の価値をわからないので、安く提示されている事もわからず、相手の言葉を鵜呑みにして市場価格より安く売ってしまうために損をします。

だからこそ、愛車の査定相場をあらかじめ把握する必要があります。

車検が近くて、エアコンが壊れた場合など修理に迷う場合でも一度、愛車の価値をしることで修理や車検をするか判断することもできます。

愛車の最高相場を把握するために、複数の買取業者で比較することが大事で、通常より高額になる場合がほとんどです。「ナビクル」なら複数の見積もりが簡単 無料でその場でできます。

>>「ナビクル」で査定相場を調べてみる

ナビクルの実際の査定額を紹介!

自分の愛車が、走行距離が多い(10万㎞以上)、事故歴がある・廃車予定、年式が古い(10年以上)

実は上記のような、値段つかないと思う車でも、実は価値があり高値が付く事が多いんです!(海外などで日本車が人気で売れる)

最大 120万円も査定額がUPした!オススメの無料査定サービス

CMでも話題のナビクルなら簡単45秒で査定相場がわかります。

ナビクルは有名業者が一括査定することで高値の査定額が出やすいのでオススメです!

年間件数 10万件突破!!
満足度95% 今話題の車査定サービス /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次