本ページはプロモーションが含まれています

オートバックスでクラウンのバッテリーの価格や交換料金はいくら?

}


今回は、オートバックスで販売しているクラウン対応のバッテリーの種類と値段についてご紹介します。

さらにバッテリーの交換料金や所要時間、ディーラーとの違いなども併せてお伝えできればと思います。クラウンを長く使い続けるためにも、バッテリーの基礎知識を押さえておくことが大切だと思います。

クラウンのバッテリー交換にかかる費用や料金について、いくらかかるのか紹介します。

目次

オートバックスで販売している、クラウン対応のバッテリーの種類と価格

オートバックスで販売しているトヨタ・クラウン向けのバッテリーは、主に以下の種類と価格があります。

  • GAIAブロンズバッテリーシリーズ(充電制御車対応)
    • 65D23L:7,480円(税込)
  • GAIAゴールドバッテリーシリーズ(アイドリングストップ車対応)
    • 85D26R: 11,880円(税込)
  • Panasonic CAOS ISS A3バッテリー(アイドリングストップ車対応)
    • 95D31L: 18,880円(税込)

クラウンは充電制御車やアイドリングストップ車に分類されるため、それらに対応したバッテリーが適しています。走行距離や使用頻度に合わせて選ぶことをオススメしています。

オートバックス公式

オートバックスで販売しているバッテリーの種類や価格の詳細

オートバックス バッテリーの商品一覧や価格はこちら

クラウンのバッテリー交換の料金と時間

クラウンのバッテリー交換の際にかかる料金や時間について

オートバックスでの交換料金と所要時間

クラウンのバッテリーをオートバックスで交換する場合、

バッテリー交換の料金と時間は、バッテリー交換の目安工賃は税抜500円からで、目安作業時間は10分からとされています。

店舗や車種によってはバッテリー交換の工賃は2,200円~となっていて、料金と時間は多少変動しますが、これが目安となります。

関連ページ

オートバックスバッテリー交換の料金や費用について

クラウンのバッテリー ディーラーでの交換料金や所要時間

ディーラーでクラウンのバッテリー交換をする場合

項目料金
バッテリー本体代15,000円~40,000円 程度
バッテリー交換工賃1,000円~3,000円 程度
バッテリー廃棄料無料~500円 程度
  • バッテリー本体代: 15,000円~40,000円:ディーラーのバッテリーはメーカー純正品を使用するため、価格が高めです。
  • 交換工賃: 1,000円~3,000円:ディーラーの工賃は1,000円~3,000円程度と相場並みです。
  • 廃棄料: 無料~500円:ディーラーでは古いバッテリーの廃棄料が無料のところもあれば、500円程度かかるところもあります。

ディーラーは信頼性が高い反面、料金が高めに設定されているのが特徴です。コストを抑えたい場合は、カー用品店や整備工場を利用することをおすすめします。

クラウンのバッテリーを自分で交換する場合の注意点

自己交換でコストを抑えたい場合もありますが、電気回路を触る危険性があるので慎重にしましょう。正しい手順で端子を外すことが大切です。誤ってショートしたりすると大きなトラブルにつながります。できる限りマニュアルを参考にしつつ、初めての場合は整備店に相談した方が無難でしょう。

クラウン対応のバッテリーの種類について

クラウンに適合するバッテリーの主な種類は以下の通りです。

  • 55D23L: クラウンの標準的なバッテリー。E-MS125やE-MS135などの古いモデルに装着されていることが多いです。
  • 75D23L: マルチビジョン仕様のE-MS137などに装着されている大容量バッテリー。
  • 80D23L: 2003年以降のモデルに装着されることが多い大容量バッテリー。充電制御車に対応。
  • 90D23L: 最新のクラウンに装着されている大容量バッテリー。充電制御車に対応。
  • 80D26L: マジェスタなどの高級仕様車に装着される充電制御車対応バッテリー。

クラウンハイブリッド車には補機バッテリーと駆動バッテリーの2つが搭載されていることにも注意が必要です。

クラウンにオススメのバッテリーを紹介

クラウンにおすすめのバッテリーとしては、デンソー製の「55D23L」がコスパ最強と言えます。寿命が長く耐久性に優れるうえ、価格も手頃なためオススメです。オートバックスで購入可能です。

クラウンのバッテリー交換を安くする方法

クラウンのバッテリー交換を安くする方法として、以下が挙げられます。

  • 自分で交換作業を行う。部品代のみの費用で済む。ただし作業には注意が必要。
  • 中古品のバッテリーを使用する。新品より大幅に安く購入できる。
  • インターネット通販でバッテリーを購入する。店頭より安い場合がある。
  • クーポンやポイントを利用して購入する。割引になることがある。
  • 車検と同時に交換する。工賃が割安になることがある。
  • 複数の店舗で見積もりを取り、最も安いところで交換する。

中でも、自分で交換作業を行うことと、中古品やインターネット通販を利用することが、最も費用を抑えられる方法です。ただし作業には十分注意が必要不可欠です。

クラウンのバッテリー寿命と交換時期

クラウンのバッテリーの寿命と交換時期について、以下の点が重要です。

  • アイドリングストップ車のバッテリー寿命はより短く、約2-3年です。最近のクラウンにはアイドリングストップ機能が搭載されているものが多いため、この目安が適切かもしれません。
  • バッテリーが劣化すると、エンジンのかけにくさや電装品の動作異常などの兆候が現れます。こうした症状が出た場合は交換時期と考えられます。
  • セルフメンテナンスタイプのバッテリーであれば、インジケーターの確認で劣化の程度が分かります。インジケーターが黒く変色したら交換時期です。
  • 長持ちさせるには定期的に運転し、短時間運転を控えることが大切です。また、駐車時の電装品の使用も控えめにすることが望ましいでしょう。

劣化の兆候が確認された場合にはすぐに交換することをおすすめします。

まとめ

オートバックスで販売しているクラウン対応のバッテリーについて詳しくご紹介しました。クラウンのバッテリー選びでは、車種と用途に合わせた容量を選ぶことが大切です。オートバックスなら豊富な種類の中から選べます。また交換の際は料金や作業内容を比較した上で、店舗を選ぶことをおすすめします。ぜひ参考にしてください。

・自己交換すればコストを抑えられるが専門知識が必要
・主なバッテリーの種類は55D23、55D23L、65D23の3種類
・オススメの長寿命バッテリーは55D23L
・寿命は3~5年程度。早めの交換がコツ

新車に乗りたい!愛車を高く売りたい方にオススメ

古い型、8万キロも走ってる!実は自分が思っているよりも車は高額で売れます!

愛車の事で下記をお悩みなら必見です。

  • 新車購入で下取りを考えている
  • 車検もあるし、車を修理して乗るか迷ってる
  • 買取してもらいたいけど、出来るだけ車を高く売りたい

大体の方は新車の購入の際、ディーラーなどで言われるままに下取りに出してしまいます。

取りだと簡単に車は売れますが、実はかなり損をしています。

理由として、愛車の価値をわからないので、安く提示されている事もわからず、相手の言葉を鵜呑みにして市場価格より安く売ってしまうために損をします。

だからこそ、愛車の査定相場をあらかじめ把握する必要があります。

車検が近くて、エアコンが壊れた場合など修理に迷う場合でも一度、愛車の価値をしることで修理や車検をするか判断することもできます。

愛車の最高相場を把握するために、複数の買取業者で比較することが大事で、通常より高額になる場合がほとんどです。「ナビクル」なら複数の見積もりが簡単 無料でその場でできます。

>>「ナビクル」で査定相場を調べてみる

ナビクルの実際の査定額を紹介!

自分の愛車が、走行距離が多い(10万㎞以上)、事故歴がある・廃車予定、年式が古い(10年以上)

実は上記のような、値段つかないと思う車でも、実は価値があり高値が付く事が多いんです!(海外などで日本車が人気で売れる)

最大 120万円も査定額がUPした!オススメの無料査定サービス

CMでも話題のナビクルなら簡単45秒で査定相場がわかります。

ナビクルは有名業者が一括査定することで高値の査定額が出やすいのでオススメです!

年間件数 10万件突破!!
満足度95% 今話題の車査定サービス /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次