本ページはプロモーションが含まれています

オートバックスでウィッシュのバッテリーの価格や交換料金はいくら?

}


オートバックスで販売しているウィッシュ対応のバッテリーの値段と種類を紹介します。

ウィッシュのバッテリー交換の料金と時間について、オートバックスとディーラーの違いを解説します。自分で交換する場合の注意点もお伝えできればと思います。ぜひ参考にしてください。

ウィッシュのバッテリー交換にかかる費用や料金について、いくらかかるのか紹介します。

目次

オートバックスで販売している、ウィッシュ対応のバッテリーの種類と価格

ウィッシュに適合するバッテリーをオートバックスで販売している主な種類と価格は以下の通りです。

  • GAIA SILVER BATTERY 65D26R: 32,800円(税込)
  • パナソニック カオスライト L3 PSIN-7C: 41,800円(税込)
  • GSユアサ プレミアムバッテリー S65B24R: 39,800円(税込)

ウィッシュはハイブリッド車のため、通常のガソリン車よりも高性能なバッテリーが必要です。パナソニックのカオスライト L3がおすすめで、長寿命で信頼性が高いです。価格も手頃なのでコストパフォーマンスが良い選択肢だと思います。

オートバックス公式

オートバックスで販売しているバッテリーの種類や価格の詳細

オートバックス バッテリーの商品一覧や価格はこちら

ウィッシュのバッテリー交換の料金と時間

ウィッシュのバッテリー交換の際にかかる料金や時間について

オートバックスでの交換料金と所要時間

ウィッシュのバッテリーをオートバックスで交換する場合、

バッテリー交換の料金と時間は、バッテリー交換の目安工賃は税抜500円からで、目安作業時間は10分からとされています。

店舗や車種によってはバッテリー交換の工賃は2,200円~となっていて、料金と時間は多少変動しますが、これが目安となります。

関連ページ

オートバックスバッテリー交換の料金や費用について

ウィッシュのバッテリー ディーラーでの交換料金や所要時間

ディーラーでウィッシュのバッテリー交換をする場合

項目料金
バッテリー本体代15,000円~40,000円 程度
バッテリー交換工賃1,000円~3,000円 程度
バッテリー廃棄料無料~500円 程度
  • バッテリー本体代: 15,000円~40,000円:ディーラーのバッテリーはメーカー純正品を使用するため、価格が高めです。
  • 交換工賃: 1,000円~3,000円:ディーラーの工賃は1,000円~3,000円程度と相場並みです。
  • 廃棄料: 無料~500円:ディーラーでは古いバッテリーの廃棄料が無料のところもあれば、500円程度かかるところもあります。

ディーラーは信頼性が高い反面、料金が高めに設定されているのが特徴です。コストを抑えたい場合は、カー用品店や整備工場を利用することをおすすめします。

ウィッシュのバッテリーを自分で交換する場合の注意点

ウィッシュのバッテリーを自分で交換する場合は、主に次の3点に注意が必要です。

  • マイナス端子を外す際は十分注意する
  • 設置場所や固定方法を確認しておく
  • 交換後は設定を初期化する

特にマイナス端子を外す作業は、ショートすると大変危険です。十分注意しましょう。

ウィッシュのバッテリーの種類について

ウィッシュのバッテリーには主に以下の種類があります。

ウィッシュ20系

  • 34B19L(充電制御仕様)
  • 46B24L(充電制御仕様)
  • 55D23L-C(充電制御仕様)
  • Q-55(充電制御仕様)

グレードによって搭載されるバッテリーが異なります。

ウィッシュ10系

  • 34B19R
  • 46B24R

エンジン排気量によって搭載されるバッテリーサイズが異なります。

愛車のバッテリーの型番を調べるなら

バッテリーを簡単に調べる事ができる適合検索

オートバックスのバッテリー適合検索はこちら

ウィッシュにオススメのバッテリーを紹介

おすすめのバッテリーとしては、パナソニックのカオスシリーズ、GSユアサのECO.Rシリーズ、ボッシュのハイテックプレミアムシリーズなどが挙げられます。

ウィッシュのバッテリー交換を安くする方法

ウィッシュのバッテリー交換を安くするには、以下の方法があります。

バッテリーを持ち込む

自分で安価なバッテリーを購入し、持ち込み可能な業者で交換してもらう方法です。バッテリー本体のコストを抑えられます。ただし、適合品を選ぶのが難しいです。

中古バッテリーを利用する

解体業者などで中古のバッテリーを購入する方法もあります。十分な寿命があれば大幅にコストを抑えられます。

自分で交換する

交換作業を自分で行えば、工賃のコストをかけずに済みます。ただし、作業に自信がない場合はリスクが大きいです。

オートバックス以外の店を利用する

オートバックスより、他のカー用品店やディーラーのほうが安い場合もあります。複数店舗の見積もりを取って比較することをおすすめします。

ウィッシュのバッテリー寿命と交換時期

ウィッシュのバッテリーの寿命は、使用条件によって異なりますが、およそ3~5年程度です。能力低下が20%程度になったタイミングが、交換するのが好ましいでしょう。

バッテリーの劣化兆候として、エンジン始動時の回転が弱くなる、ヘッドライトが暗くなる、などがある。こうした症状が出た場合は交換時期と考えられる。

まとめ

ウィッシュのバッテリーをオートバックスで購入する際のポイントをまとめました。

  • L4は5,000円程度から
  • L5は7,000円程度から
  • 車種や年式で値段が異なる
  • 容量の違いにより値段に差がある
  • 定格容量別に分類されている
  • 店頭で詳細を確認できる
  • パーツ代とは別に作業料金がかかる
  • 作業料金は1,000円程度
  • 所要時間は30分程度
  • ディーラーの方が高い
  • ディーラーは作業料金5,000円程度
  • ディーラーの方が時間がかかる

新車に乗りたい!愛車を高く売りたい方にオススメ

古い型、8万キロも走ってる!実は自分が思っているよりも車は高額で売れます!

愛車の事で下記をお悩みなら必見です。

  • 新車購入で下取りを考えている
  • 車検もあるし、車を修理して乗るか迷ってる
  • 買取してもらいたいけど、出来るだけ車を高く売りたい

大体の方は新車の購入の際、ディーラーなどで言われるままに下取りに出してしまいます。

取りだと簡単に車は売れますが、実はかなり損をしています。

理由として、愛車の価値をわからないので、安く提示されている事もわからず、相手の言葉を鵜呑みにして市場価格より安く売ってしまうために損をします。

だからこそ、愛車の査定相場をあらかじめ把握する必要があります。

車検が近くて、エアコンが壊れた場合など修理に迷う場合でも一度、愛車の価値をしることで修理や車検をするか判断することもできます。

愛車の最高相場を把握するために、複数の買取業者で比較することが大事で、通常より高額になる場合がほとんどです。「ナビクル」なら複数の見積もりが簡単 無料でその場でできます。

>>「ナビクル」で査定相場を調べてみる

ナビクルの実際の査定額を紹介!

自分の愛車が、走行距離が多い(10万㎞以上)、事故歴がある・廃車予定、年式が古い(10年以上)

実は上記のような、値段つかないと思う車でも、実は価値があり高値が付く事が多いんです!(海外などで日本車が人気で売れる)

最大 120万円も査定額がUPした!オススメの無料査定サービス

CMでも話題のナビクルなら簡単45秒で査定相場がわかります。

ナビクルは有名業者が一括査定することで高値の査定額が出やすいのでオススメです!

年間件数 10万件突破!!
満足度95% 今話題の車査定サービス /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次