本ページはプロモーションが含まれています

急にハンドルが重くなりバッテリーランプが点灯する原因について

}


急にハンドルが重くなりバッテリーランプが点灯する原因について、気になる方もいるのではないでしょうか。

実は、この現象の原因はバッテリーの不良や充電不足など様々な要因が考えられます。今回は、ハンドルが重くなる原因とバッテリーランプの点灯について詳しく解説します。

この記事でわかること
  • ハンドルが重くなりバッテリーランプが点灯原因
  • バッテリー交換後にハンドルが重くなる原因
  • パワステが重くなったり、軽くなったりする原因

目次

急にハンドルが重くなりバッテリーランプが点灯する原因

ハンドルが急に重くなり、バッテリーランプが点灯する原因は主に以下の2つが考えられます。

ファンベルトの問題

ファンベルトが切れたり、伸びたりすると、オルタネーター(発電機)やパワーステアリングポンプが正常に作動しなくなります。これにより、ハンドルが重くなり、バッテリーランプが点灯します。

オルタネーターの不具合

バッテリーランプが点灯する主な原因は、オルタネーターなどの電気系統部品の不具合です。
オルタネーターが故障すると、発電がうまくできなくなり、電力がバッテリーへ供給されないため警告灯が点きます。
また、オルタネーターが故障するとエンジンが止まる原因にもなります。

これらの問題が発生した場合、エンジンが突然止まる恐れがあります。

そのため、バッテリーランプが点灯したら、エンジンが動いているうちに安全な場所に停車し、速やかに業者に連絡して修理や点検を依頼することが重要です。

ハンドルが重くなる原因とバッテリーの関係

ハンドルが重くなる原因とバッテリーの関係については、主に車のパワーステアリングシステムと関連があります。

パワーステアリングは、運転者がハンドルを操作する際の力を軽減するためのシステムで、電動式と油圧式の2つの主要なタイプがあります。

電動式パワーステアリングの場合

バッテリーの劣化や電気系統のトラブルが発生すると、ハンドルが重くなる可能性があります。具体的には、電気モーターの故障や制御ROMの不具合、バッテリーの劣化などが原因となることがあります。

油圧式パワーステアリングの場合

ハンドルが重くなる原因としては、パワステポンプの故障やオイルの不足が考えられます。また、「発電機とパワステのポンプを兼用して回しているベルト」が切れた場合も、ハンドルが重くなる可能性があります。

これらの問題が発生した場合、適切な対処が必要です。ハンドルが重くなったときは、運転を続けずに安全な場所に停車し、専門家に相談することが推奨されます。

また、定期的な点検を行うことで、これらの問題を早期に発見し、予防することが可能です。

バッテリー交換後にハンドルが重い場合

バッテリー交換後にハンドルが重く感じる原因はいくつか考えられます。以下にその可能性を挙げてみます:

パワステポンプの故障

ハンドルが重いと感じる主な原因は、パワーステアリング(パワステ)の問題であることが多いです。パワステが故障すると、ハンドルが重くなることがあります。その場合、パワステポンプを交換することで問題を解決できる可能性があります。

ベルトの問題

「発電機とパワステのポンプを兼用して回しているベルト」が切れた場合、ハンドルが重くなることがあります。この場合、ベルトの交換が必要となります。

バッテリーの不良

バッテリー自体が不良である可能性もあります。特に、安価な製品を使用した場合、バッテリーの性能が不十分で、車の各部分の動作に影響を及ぼす可能性があります。

これらの問題は専門のメカニックによる診断が必要です。車の専門店に相談し、必要な修理や部品の交換を行うことをお勧めします。

パワステ 重くなったり軽くなったり原因

ハンドルが重くなったり軽くなったりする原因は、主にパワーステアリング(パワステ)の故障やトラブルが考えられます。パワステは、油圧式と電動式の2種類があります。

油圧式パワステの場合、ハンドルが重くなる原因は以下の通りです。
1. パワステフルード(オイル)の不足。
2. パワステポンプの故障。

電動式パワステの場合、ハンドルが重くなる原因は以下の通りです。
1. 電気制御の不具合。
2. センサーの故障。
3. コントローラーの故障。

ハンドルが重くなった場合の対処法は以下の通りです。
1. 安全な場所に停車し、ハザードランプを点灯させる。
2. ディーラーや修理業者に相談し、適切な修理を依頼する。

ハンドルが重くなる原因は複数あるため、専門家に相談し、適切な対処を行うことが重要です。

パワーステアリング警告灯が点灯してハンドル重い場合

パワーステアリング警告灯が点灯し、ハンドルが重くなった場合、パワーステアリング(パワステ)のシステムに何らかの問題が発生している可能性があります。

パワステは、ハンドルの回転をアシストする仕組みで、油圧式と電動式の2種類が存在します。

具体的な原因としては以下のようなものが考えられます:

  • – バッテリーの充電不足や一時的な電圧低下
  • – パワステポンプの故障

対処法としては、まずは自分で点検できるところを確認することが推奨されます。特に、パワステポンプの故障が疑われる場合、交換が必要となることがあります。その費用は約6万〜11万円程度となります。

ただし、電動パワステの場合、警告灯が点灯していてもハンドルが重いだけで、ハンドルが切れなくなるようなことはないとのことです。しかし、警告灯が点灯している場合、操作に違和感がなくても車検には通らないため、早めの対処が必要です。

また、新車から年数が経過した車で、15万円〜20万円を超えるような修理金額が発生する場合は、乗り換えを検討するのも一つの選択肢となるでしょう。

新車に乗りたい!愛車を高く売りたい方にオススメ

古い型、8万キロも走ってる!実は自分が思っているよりも車は高額で売れます!

愛車の事で下記をお悩みなら必見です。

  • 新車購入で下取りを考えている
  • 車検もあるし、車を修理して乗るか迷ってる
  • 買取してもらいたいけど、出来るだけ車を高く売りたい

大体の方は新車の購入の際、ディーラーなどで言われるままに下取りに出してしまいます。

取りだと簡単に車は売れますが、実はかなり損をしています。

理由として、愛車の価値をわからないので、安く提示されている事もわからず、相手の言葉を鵜呑みにして市場価格より安く売ってしまうために損をします。

だからこそ、愛車の査定相場をあらかじめ把握する必要があります。

車検が近くて、エアコンが壊れた場合など修理に迷う場合でも一度、愛車の価値をしることで修理や車検をするか判断することもできます。

愛車の最高相場を把握するために、複数の買取業者で比較することが大事で、通常より高額になる場合がほとんどです。「ナビクル」なら複数の見積もりが簡単 無料でその場でできます。

>>「ナビクル」で査定相場を調べてみる

ナビクルの実際の査定額を紹介!

自分の愛車が、走行距離が多い(10万㎞以上)、事故歴がある・廃車予定、年式が古い(10年以上)

実は上記のような、値段つかないと思う車でも、実は価値があり高値が付く事が多いんです!(海外などで日本車が人気で売れる)

最大 120万円も査定額がUPした!オススメの無料査定サービス

CMでも話題のナビクルなら簡単45秒で査定相場がわかります。

ナビクルは有名業者が一括査定することで高値の査定額が出やすいのでオススメです!

年間件数 10万件突破!!
満足度95% 今話題の車査定サービス /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次