オルタネーター交換工賃【オートバックス】

そのため、定期的に冷却水の量を確認して補充したり、交換する必要があります。

オートバックスで車のラジエーターの工賃について

本記事でわかること

  • ラジエーターとは
  • ラジエーター交換工賃
  • 他店の交換工賃
  • 液漏れ防止剤

 

オルタネーター交換どこで

オルタネーターの交換はどこでしたらいいか、一般的には

  • ディーラー
  • 一部カーショップ
  • 民間工場・修理工場

などで、オルタネーターの交換が可能になっています。

オルタネーターの寿命や交換時期

オルタネーターの寿命・交換時期は一般的に

交換時期:普通車で10万㎞~15万㎞程度
オルタネーターブラシの摩耗などを目安にする場合もあります。
 

オルタネーターの故障見分け方

オルタネーターが故障していると色々な症状がでます。
  • セルモーターがまわらずエンジンがかかりずらい
  • メーター画面の警告灯が点灯している
  • 電気関係が不安定になる
  • エンジンが停止する

こういう場合もオルタネーターの故障の兆候になります。

 

オルタネーターの交換工賃

オートバックスでは店舗でラジエーター交換できる店舗が少ないので、多くは民間工場に外注で交換することが多いです。
 
店舗により料金が違う場合があります!
参考:スーパーオートバックスかしわ沼南

 

作業工賃:3,300円(税込)~
交換日数:30分~
車種・箇所により工賃が異なります。
 
部品取り寄せになる場合、オルタネーターの交換日数は4日~1週間かかる場合があります。

持ち込んだ場合の工賃

オルタネーターを持ち込んでオートバックスで取り付ける場合

多くの場合は断られる場合があります、料金にしても持ち込み工賃は通常価格より割高になりますので、交換可能か店舗に問い合わせすることがオススメです。

オルタネーター交換 安い業者を探すなら

オルタネーター交換を安い業者・交換店で探すなら、民間工場・修理工場を検索できるグーネットピットがオススメ

 

他店舗の工賃

他の店舗でも車のラジエーター交換をうけつけています。

コバック

車検のコバック オルタネーター交換について
 

ディーラー

日産ディーラー オルタネーター交換工賃
 
交換工賃:11,000円~
 

自分でオルタネーターを交換 

車をいじることが出来る方は自分でオルタネーターをリビルト品を購入して交換する方法もあります。

 

オルタネーターリビルト品

リビルト品とは廃車になった車から利用可能な部品を再利用したもので検査基準を通ったもののみの良品をリビルト品と呼びます。

オルタネーターのリビルト品を使う事で安い値段で交換することができます。

オルタネーターのリビルト品の通販

 

まとめ

オルタネーターは電気系統の大事な部分になりますので動かなくなるなどの故障に直結します。

オルタネーター交換するなら、民間工場やディーラーで直接直してもらうのがオススメでうす。

 

★車の買取・新車購入をお考えなら必見!! 知らずに損をすることも

車の買取相場は半導体不足・燃料高沸もあり、今最高値を記録しています!

ニュース

車の買取が平均取引価格100万円上回る


参照:NHKニュース

 

ニュース

中古車競売価格、20カ月連続プラス 10年来の高値更新

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC14627014022022000000

参照:日本経済新聞


なので、車の買い替え・買取の際、愛車の査定相場を把握しておかないと、ディーラーや業者で下取りを安く提示されている事もわからず、大きな損をしてしまいます・・・

・走行距離が多い(10万㎞以上)
・事故歴がある・廃車予定
・年式が古い(10年以上)

実はこういう車でも高値が付く事も多いんです!

CMでも話題のナビクル
ら簡単20秒で査定額がわかります。

・もちろん無料でお試し
・どんな車も0円以上買取保証
・還付手続き無料で還付金が受け取れる
・全国どこでも引取・手続き
無料

年間件数 10万件突破!!
満足度95%の今話題の車査定サービス

>>ナビクル無料査定サービスはこちら

 

メンテナンス関連
carをフォローする
オートバックス情報ナビ
タイトルとURLをコピーしました