【オートバックス】バックランプ(後退灯)の交換工賃

車に純正でついているバックランプはハロゲンの電球が多く、暗くて寿命が短いです。

そのため、あとから 明るくて長寿命のLED電球に交換する人が多いです。

オートバックスのバックランプ(後退灯)の交換工賃について

《ランプ・バルブ関連》

オートバックスでのヘッドライトバルブ・ライト・ランプ交換工賃

【2021最新】オートバックス ヘッドライト・ランプ類の交換工賃

バックランプ(後退灯)とは

車のバックランプとは、周囲の車や歩行者に 自分の車がこれから後退することを知らせるためのランプです。

ギアを「R」リバースに入れたときだけ点灯するため、「リバースランプ」「後退灯」「バックライト」とも呼ばれています。

バックランプの電球をLEDに変える程度なら問題はありませんが、車検にはバックランプ(後退灯)の検査基準があるので、色や個数には注意が必要です。

寿命や交換時期

バックランプ(後退灯)の寿命は商品ごとに異なるので、交換時期は明確には決まっていません。

また、夜間に走行することが多いのであれば、昼間にしか乗らない場合と比べて それだけ交換時期は短くなります。

日頃から点検して「光が弱くなってきたな」と感じたら早めに交換しておきましょう。

バックランプ(後退灯)が切れると罰金

バックランプ(後退灯)は本来 ギアをリバースに入れたときにしか点灯しないため、球切れに気づかず 後退時にもランプが点灯しないことがあります。

その場合は、「整備不良」という交通違反になります。

●片方の球が切れている場合
・注意や警告を受ける

●2個とも球切れの場合
・取り締まりを受ける
・切符を切られて違反点数が累積
・反則金を納める必要あり

 

オートバックスでランプ球の交換

オートバックスでバックランプ(後退灯)を交換する場合の工賃

ランプ交換の箇所・車種によって追加工賃が必要になる場合もあります。
・作業工賃:550円(税込)~
・作業時間:10分~

※この金額は1カ所の金額です

電球代別途・他部品脱着があれば別途工賃が必要になるので、予約の際にランプの箇所や個数などを伝えて 工賃の確認をしておくと安心です。

持ち込み工賃

オートバックスで持ち込みする場合の工賃

店舗により断られる場合があります。
作業工賃:550円(税込)~
※最低の金額が550円(税込)で、工賃が倍かかる場合もあるので要確認

 

WEBで購入して取付も可能

バックランプ(後退灯)はオートバックスの公式通販サイトでも取り扱っています。

取り付け可能商品も多数あり、定期的にWEB限定セールも開催されているので 安く購入して店舗で取り付けてもらうことが可能です。

「取付可能」と書かれている商品は、工賃が商品代に含まれています。

オートバックス通販『バックランプ』

 

他店舗のバックランプ交換

他の店舗でもバックランプ(後退灯)交換をうけつけています。

イエローハット

イエローハットのバックランプ(後退灯)交換について

⇒作業工賃:825 円(税込)〜
 

タイヤ館

タイヤ館のバックランプ(後退灯)交換について
 
⇒作業工賃:1.100 円(税込)〜
 

ジェームス

ジェームスのバックランプ(後退灯)交換について

 
 

 

まとめ

走行中にバックランプ(後退灯)の電球が切れた場合、車が後退することを周囲に知らせることができないのでとても危険です。

出発前にチェックすることを習慣づけておき、車内にはバックランプ(後退灯)の電球のストックを置いておきましょう。

★車の買取・新車購入をお考えなら必見!! 知らずに損をすることも

車の買い替え・買取の際、愛車の査定相場を把握しておかないと、ディーラーや業者で下取りを安く提示されている事もわからず、大きな損をしてしまいます・・・

・走行距離が多い(10万㎞以上)
・事故歴がある・廃車予定
・年式が古い(10年以上)

実はこういう車でも高値が付く事も多いんです!

CMでも話題のナビクル
ら簡単20秒で査定額がわかります。

・もちろん無料でお試し
・どんな車も0円以上買取保証
・還付手続き無料で還付金が受け取れる
・全国どこでも引取・手続き
無料

年間件数 10万件突破!!
満足度95%の今話題の車査定サービス

>>ナビクル無料査定サービスはこちら

 

ライト・バルブ関連
carをフォローする
オートバックス情報ナビ
タイトルとURLをコピーしました