オートバックスでヘッドライトの汚れを除去!磨きや交換の費用は?

ヘッドライトの汚れ
 

シェアする

ヘッドライトの汚れが気になるけど、自分で磨くのは自信がない、面倒だという人にオートバックスがオススメです!

まずは専用器具を使用して、ヘッドライトの黄ばみや傷などを綺麗に除去します。通常でしたら、これだけでかなり透過率がアップします。ヘッドライトが見違えるくらいに綺麗に明るくなり、新品に近い輝きを取り戻します。

ヘッドライトを交換するよりもずっと安価にすみますので、ライトの交換を考えていらっしゃる方は「ヘッドライトの磨き作業」を一度試してみてはいかがでしょうか?

ここでは、ライトの磨きやヘッドライトを交換する場合の交換費用についてご紹介します。

スポンサーリンク

オートバックスでヘッドライトを磨いてもらえる?

ヘッドライト磨きの仕上がり

オートバックスではヘッドライトの汚れを除去する作業をおこなっています。金額は3000円(税別)~というのが一般的で作業時間は20分程度ということになっています。

かなり短い時間でできますが、これはあくまで待ち時間がない場合の所要時間です。繁忙期やピットが混雑している場合は、かなり長い時間またされてしまうこともあり得ますので注意してください。

そして金額に関しましても同様です。これは一例ですので、店舗によって発生する金額が違ってくる場合があります。

予約すれば待ち時間がないのでオススメ♩

オートバックス 予約

かならず来店予定の店舗に事前に連絡をするようにしてください。来店予約なども電話で受けつけてもらえますので、来店日が事前にわかっている場合は、その際に予約すれば待ち時間がなくスムーズに作業をしてもらうことができます。

その場合は、かならず予約時間の10分まえまでに店舗に到着するようにしてください。店舗につきましたら駐車場に停めます(自分でピットに車をいれなくてOK)。

その後、車からおりて店内のレジカウンターで来店の予約をしている旨を伝えてください。あとはオートバックスのスタッフに作業をまかせるだけです。

ヘッドライトの汚れ除去にかかる費用は?

ライトの交換費用

前述の通り、ヘッドライトの汚れ除去にかかる費用は3000円程度です。しかし、オートバックスではさらに+αの工程がついたコースもあります。

ヘッドライトポリッシュ(磨き)+コーティング

というものです。こちらは5000円(税別)~という価格で作業をしてもらえます。

作業内容は通常のヘッドライトの磨きを施したあとに特殊なアクリル樹脂で下地をつくり、最後にガラス計のコーティングでツヤをだすというコースです。

このコースの場合、クリアな状態を長持ちさせることができるというメリットがあります。このコーティングは1年程度持ちますので、一度綺麗にすれば綺麗な状態を最低でも一年は長続きさせることができます。

スポンサーリンク

ライトの交換費用はいくら?

またヘッドライトの交換費用に関しましては540円~というかなり安い価格で作業をたのむことができます。こちらの作業時間は10分程度~で、これも気軽にたのむことができます。

ヘッドライトの黄ばみがひどい場合は車検にも通らなくなってしまうことがありますので注意してください。

プロの黄ばみ取り作業工程は再現できる?

車のヘッドライトの材質はアクリル系樹脂素材で出来ています。紫外線やヘッドライトの光によって樹脂自体が劣化していくと黄色くなっていきます。この黄ばみ取りをプロが行うと電動工具のサンダーやポリッシャーを駆使して削り・磨き・固めるという一連の作業を行います。

これを素人でもプロ並みにヘッドライトの黄ばみ取りを再現できるのか?になります。かなり時間がかかりますが、「出来る」とだけ言っておきましょう。

手作業になるので、根気よく耐水ペーパーで#1000→#1500→#2000番の順で仕上げて行きます。この時は耐水ペーパーの水を絶やさない事です。この段階をキッチリ行うと綺麗になる事は間違いありません。

次に研磨になりますが、研磨剤も#3000→#7500→#9800の順で研磨する事がいいのではないでしょうか。一応この研磨剤はセットで販売していますので安心してください。

最後に市販のコーティング剤を塗布してあげることで、作業終了です。

歯磨き粉で黄ばみを除去する裏技と注意点は?

歯磨き粉 黄ばみ除去

ヘッドライトの黄ばみを除去する為の手っとり早い方法と言うと、歯磨き粉を使う事です。一応歯磨き粉には研磨剤が入っているので、ヘッドライトカバーの表面を削り落してくれると言った方が早いかもしれません。

歯磨き粉で黄ばみを除去する方法は至って簡単です。歯磨き粉を手に付けヘッドライトカバーに塗っていきます。結構厚く塗りたくる感じです。次に使う古しの歯ブラシでヘッドライトカバーをまんべんなく擦っていきます。

車用のワックス

擦り終わったら、スプレーで水をかけキッチンペーパーなどで磨きながら歯磨き粉を取り除いていきます。スプレーは手早く何回も行う方が綺麗になりそうです。最後に車用のワックスをかけて吹き上げれば完成になります。意外と綺麗になりますよ~!

但し、歯磨き粉の研磨剤は結構 粒子が粗いので、ヘッドライトカバーの黄ばみ除去として行うにはベストとは言えません。これを行う場合は「応急処置的に…」と思っていた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

酢でも黄ばみを除去できるの?

酢と言うと家庭のキッチンでの汚れ除去に用いる事が多いですが、成分はクエン酸です。酸です。ヘッドライトの黄ばみは紫外線による劣化ですから、どこまで落ちるかわかりませんが試してみる価値はありそうです。

酢をヘッドライトカバーに付けて磨きます。酸なので確実に水をたっぷりかけて洗い流す必要がありますけどね。後は酢の臭いが作業中ぷんぷん臭います。

実際の所、「落ちたような気がする程度かな?」と言ったところです。あくまでも、参考程度にしておく方が良いかもしれませんね。

★新車を購入をお考えなら必見!! 知らずに損をすることも

車の買い替えの際、愛車の査定相場を把握しておかないと、ディーラーで下取りを安く提示されている事もわからず、大きな損をしてしまいます・・・

・走行距離が多い
・事故歴がある
・年式が古い
実はこういう車でも高値が付く事も多いんです!

最大65万円も差がでた車もありますのでネットの一括査定サービスを利用しましょう。

今乗っている車を一括査定して、愛車の最高額を知ることで買い替えの際に買取額を把握できます!

【簡単査定ガイドの特徴】 簡単車査定ガイド

●まずは無料で簡単に査定可能(愛車の情報を入力)
●入力してたった1秒で愛車の最高額(概算)がわかる
●最大10社の大手買取業者から一括査定、比較できるので安心

 

>>『かんたん車査定ガイド』公式サイトはこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする