【簡単】フロントガラスの凍結防止に!カバーやスプレーなど おすすめグッズ紹介

フロントガラスの凍結
 

シェアする

1月や2月は特に朝の気温が零度以下に下がる事が、多くなってきます。夜露がそのままフロントやリアガラスに付着したまま凍結する事も当然多くなってきます。

朝 会社に出勤する時に氷ついていると、解凍するまでかなりの時間を要してしまいます。そんなとき、みなさんはどうしていますか?

スポンサーリンク

フロントガラスが凍結防止する方法について

天気予報などで、明日の最低気温が表示されるとおもいますが、実はこの最低気温をマークするのが、日の出直後が多いようです。日が昇る瞬間、一気に気温が下がり、車についた夜露は一気に凍ってしまいます。

では、フロントガラスが凍結しない為にはどうしたらよいのでしょう。

1.洗車をして窓ガラスの油膜を取っておく

空気中に漂っている水分の中にはチリや油などが含まれています。ほこりがフロントガラスに付着することも多いです。これらの汚れが凍結の原因を作りだしているのです。

水は0度で氷結しますが、フロントガラスが汚れている場合は、0度よりも高い温度で氷ついてしまう事になります。

洗車する時には特に念入りに綺麗にしておく事で、朝の貴重な時間を無駄にすることが無くなります。

2.撥水剤を塗っておく

雨の日に活躍する撥水剤ですが、実はフロントガラスの凍結防止にも役に立つのです。撥水効果で水滴が付きにくい状態になります。夜露が凍った場合も剥がれ落ちやすいと言う事になります。

撥水効果で水分が付着しにくくなっているのです。

3.凍結防止シートを使用する

これが一番手っとり早い方法です。会社などから帰宅した際に凍結防止シートを被せるだけで、翌朝フロントガラスが氷ついている事はありません。

4.ウォッシャー液を凍結防止用に変える

朝出かける際に凍りついている窓をどうにかしようと、ウォッシャー液を出して溶かそうとする事は誰もが行う行為です。

ただ、凍結防止用のウォッシャー液でなければ液がそのまま凍りついてしまったり、ノズルから出てこないと言う事もあります。

二度手間の状態にもなりかねません。寒くなり始めた段階でウォッシャー液を凍結防止用に変えておくだけでも十分効果を発揮します。

スポンサーリンク

おすすめの凍結防止グッズ5選

朝の忙しい時間をフロントガラスの解凍に時間を割かれたくは有りません。そんな時、予防していれば、こんな事態にならなかったと後悔しても始まりません。

ここでは、おすすめの凍結防止グッズ5選をご紹介します!

1.油膜取り

油膜取りには、ガラスに付着している汚れも取る効果があり、表面をツルツルにしてくれます。

クリンビュー EX170ML

クリンビュー EX170ML
価格298円
https://item.rakuten.co.jp/ainekusu/20970/

2.撥水剤

撥水剤には雨の日の効果だけではなく、霜や凍りつきをも防いでくれる効果があります。

ソフト99 超ガラコ

ソフト99 超ガラコ
価格1181円
https://item.rakuten.co.jp/geki-car/1202115/

3.凍結防止シート

こちらは至って簡単に窓に置くだけでガラスの凍結防止をおこなってくれます。このタイプはフロントドアにはさみこむタイプになっており強い風が吹いてもフク飛ばされる事は有りません。

フロントガラス凍結防止シート リバーシブル

フロントガラス凍結防止シート リバーシブル
価格1480円
https://item.rakuten.co.jp/vaps/4589559082058/

スポンサーリンク

4.凍結防止シート吸盤タイプ

こちらは吹き飛ばし防止策として吸盤を使用したものになりますが、紹介する物は吸盤以外にもドアミラーにもひっかける部分をつけているので、強風が吹いても大丈夫な仕様になっています。

車用凍結防止シート

車用凍結防止シート
価格1000円
https://item.rakuten.co.jp/k222/328142/

5.凍結防止用ウィンドウォッシャー液

発売されている物の多くが撥水タイプの物が多く凍結防止をうたっているのが少ないのが現状です。

解氷・凍結防止用ウィンドウォッシャー液

解氷・凍結防止用ウィンドウォッシャー液
価格490円
https://item.rakuten.co.jp/autoparts-kurubu/v9350-0502/

フロントガラスが凍った際の簡単な解氷方法は?

ガラスの解凍グッズ

フロントガラスに凍結防止予防策をしていても、自然現象には到底人間の力が及ばない事は多々あります。そのうちこのフロントガラスの凍結もそのうちの1つではないでしょうか。折角防止したのにと思わずに、今度は解凍する事に力を注ぎましょう。

1.解氷スプレーを使用する

凍結した面に吹き付けるだけで、早い物では1分足らずで視界がクリアーになる優れモノです。ガリガリしたりブラシでゴシゴシしている時間にアッと言うまに綺麗に凍結が解除されます。

2.お風呂場の残り湯を使う

残り湯は熱くもなく冷たくもない状態ですから、これをかけるだけで一気に解凍解消します。但し、水を使用しているので走りだすとすぐに氷ついてしますが、出掛けの際の時間が無い時には便利です。

3.ブラシやスクレイパーなどを使う

最終手段と思っていた方がいいでしょう。ブラシでは傷がつきにくいですが、スクレイパーは傷が付きやすいので注意が必要です。時間はかなり掛かって視界も思っているほどクリアになる事は少ないかもしれません。

スポンサーリンク

おすすめの解氷グッズ3選

予防策を講じたのに凍結してしまったと嘆く前に、ちゃっちゃとフロントガラスの解氷をしちゃいましょう。おすすめの解氷グッズ3選はこちら!

1.クレ アイスオフ

瞬時にフロントガラスの解氷をおこなってくれます。氷ついている物なら何でも使えるのが便利です。-40度まで使えるのがすごいです。

クレ アイスオフ

価格250円
https://item.rakuten.co.jp/auc-mikawa-kiko/10005897/

2.メルテック スノーブラシ

スノーブラシ長さも5段階で変える事が出来るの軽自動車~ミニバンまで対応が出来そうです。但し、解凍を取る為には一度ぬるま湯をかけてから使用すると効果は抜群の様です。

メルテック スノーブラシ

価格 1030円
https://item.rakuten.co.jp/ainekusu/snb-14/

3.クレトム アイスカッタースマートタイプ

水・霜・氷に確実に使える商品です。簡単に言えば水きりを改良した商品になっていますが、サイズ感と霜や氷を取るにはかなり便利になっています。

クレトム アイスカッタースマートタイプ

価格 770円
https://item.rakuten.co.jp/mrpostman/13005948040/

フロントガラスの凍結防止策や対応策を紹介してきました。朝出かける時に凍結していると気分は最悪ですからね。一番は屋根付きシャッター付きガレージがいいのですけどね。

★新車を購入をお考えなら必見!! 知らずに損をすることも

車の買い替えの際、愛車の査定相場を把握しておかないと、ディーラーで下取りを安く提示されている事もわからず、大きな損をしてしまいます・・・

・走行距離が多い
・事故歴がある
・年式が古い
実はこういう車でも高値が付く事も多いんです!

最大65万円も差がでた車もありますのでネットの一括査定サービスを利用しましょう。

今乗っている車を一括査定して、愛車の最高額を知ることで買い替えの際に買取額を把握できます!

【簡単査定ガイドの特徴】 簡単車査定ガイド

●まずは無料で簡単に査定可能(愛車の情報を入力)
●入力してたった1秒で愛車の最高額(概算)がわかる
●最大10社の大手買取業者から一括査定、比較できるので安心

 

>>『かんたん車査定ガイド』公式サイトはこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする