ヘッドライトコーティング剤ランキング!おすすめの3商品を徹底紹介

ヘッドライトカバー
 

シェアする

ヘッドライトカバーは樹脂ポリカーボネートを使用しているので、車を購入してから年月が経過するとカバーが黄ばんでいたり、くすんでいたりする事は多々あると思います。

その原因は太陽光やヘッドライトからの熱による劣化があります。これらによって出来た黄ばみやくすみは除去することができるのでしょうか?

ここではヘッドライトコーティング剤のおすすめTOP3をご紹介します!

画像引用元:http://www.auto-planet.biz/blog/maintenance/altezza-12/

スポンサーリンク

コーティング剤の種類と選び方は?

コーティング剤の種類

画像引用元:http://997porschelife.blog.so-net.ne.jp/2013-05-18

現在ヘッドライトカバーのコーティング剤として販売されているのが、【業務用】と【一般用】の2種類になります。

業務用はコスパは良くは有りません。ヘッドライトカバーを綺麗にするだけの為にこんなにお金出せないと言う方も中にはいる事でしょう。

但し、一般用のヘッドライトコーティング剤に比べたら確実に長く持ちます。

1回購入すれば、頻繁にコーティングする必要がなくなり、最終的には一般用よりコストは下がります。一般用はコスパには優れています。多くの方が一般用を使用しています。

但し、一般用ですから業務用に比べてはコーティング剤の効き期間が短くなっています。気が付いたら黄ばんでいる・くすんでいる状態にすぐなってしまう事もあります。

どちらを選ぶかはあなた次第ですが、初期投資は高いですが、ランニングコストの良さと効果の持続力から言った場合には、業務用のコーティング剤を使用した方がお得となりそうです。

スポンサーリンク

コーティング剤のメリット・デメリット

コーティング剤を使用するにあたっては、やはりメリット・デメリットが存在します。

コーティング剤のメリット

コーティング剤のメリット

くすみや黄ばみはコンパウンド剤を使用すれば落ちますが、長くはいい状態は続く事がありません。その時に長く綺麗な状態を保ってくれるのがコーティング剤となります。

新車までとはいきませんが、経年劣化でくすんだり黄ばんでいるヘッドライトカバーはコーティング剤を使用する事で確実に綺麗になり、夜間走行時も明るく感じる事が出来ます。

コーティング剤のデメリット

コーティング剤のデメリット

市販されている一般用のコーティング剤だと、長期間の綺麗さを保持する事が出来ません。持続期間が半年となっていても、実際はそこまではもつことがほぼありません。

業務用を購入した場合には、一般用と比較した場合にはコーティング剤の効果は長続きします。但しあまりにも高価すぎるためになかなか購入しにくいと言う状態です。

自分で行うとムラになったりなど本来の効果が発揮できていないと感じた場合には、プロにお願いする方が確実に綺麗になります。

スポンサーリンク

コーティング剤のおすすめTOP3はこちら

コーティング剤の中でもどれが良いかちょっとわからないですよね。参考までに、おすすめTOP3をご紹介します!

1.ワコーズ ハードコート復元キット

ワコーズ ハードコート復元キット

画像引用元:http://www.worldimporttools.com/staff_blog/blog/2013/02/03.htm

値段:5360円
黄ばみ除去剤とコーティング剤の2種類が入っています。コーティング剤の耐用日数は半年~1年と一般の物より長くなっています。但し、黄ばみやくすみが強いと除去剤では取りきれないケースもあるようです。

2.住友ヘッドライトコーティング38060

住友ヘッドライトコーティング38060

画像引用元:https://www.carafter.jp/products_list.php?pcid=20&pscid=434

値段:6690円
こちらもワコーズと同様業務用のコーティング剤になります。こちらは1液ですから、コーティング剤と除去剤入りと言うことになります。スポンジが30個ついてくるので30回施工できると言う計算なのでしょうが、最低20回くらいと思っていた方が良いでしょう。耐用日数は1年くらいのようでうす。

3.SOFT99 LIGHT ONE ヘッドライトリフレッシュ

SOFT99 LIGHT ONE ヘッドライトリフレッシュ

画像引用元:http://www.soft99.co.jp/blog/2016/01/4793.html

値段:782円
こちらは一般用のヘッドライトコーティング剤になります。ワコーズと同様に2液タイプでコーティング剤と除去剤が別になっています。耐用日数は半年となっていますが、もう少し短めかな~と思います。カー用品店などでは売れ筋商品のようですね。

意外と洗車をしていても見過ごされがちな所ですが、くすんでいたり、黄ばんでいたりすると、ちょっと車のイメージが悪く感じてしまいます。

業務用のコーティング剤の方が確かに効果は大きいと思いますが、1年に2~3回の施工と考えるのであれば、一般用のヘッドライトコーティング剤でも全く問題は無いでしょう。

★新車を購入をお考えなら必見!! 知らずに損をすることも

車の買い替えの際、愛車の査定相場を把握しておかないと、ディーラーで下取りを安く提示されている事もわからず、大きな損をしてしまいます・・・

・走行距離が多い
・事故歴がある
・年式が古い
実はこういう車でも高値が付く事も多いんです!

最大65万円も差がでた車もありますのでネットの一括査定サービスを利用しましょう。

今乗っている車を一括査定して、愛車の最高額を知ることで買い替えの際に買取額を把握できます!

【簡単査定ガイドの特徴】 簡単車査定ガイド

●まずは無料で簡単に査定可能(愛車の情報を入力)
●入力してたった1秒で愛車の最高額(概算)がわかる
●最大10社の大手買取業者から一括査定、比較できるので安心

 

>>『かんたん車査定ガイド』公式サイトはこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする