タイヤの保管サービスはオートバックスがおすすめ!料金や手続きまとめ

タイヤ 保管サービス
 

シェアする

最近のタイヤ事情は、夏にはサマータイヤ、冬にはスタッドレスタイヤを装着している方も多いです。シーズンごとにタイヤを履き換えなければならない面倒と外したタイヤのセットの管理を個人で行うと言う場合にはかなり面倒な事態です。

そんな時に、カー用品店大手のオートバックスではタイヤ保管サービスを行っています。

画像引用元:https://www.automesseweb.jp/copyrights

スポンサーリンク

オートバックスのタイヤ保管サービスとは?

タイヤ 保管

オートバックスではタイヤの保管サービスを行ってくれています。

  • タイヤの保管するスペースが狭い為に、タイヤをおいてしまうと他の物が置けなくなってしまう。
  • 取り外したタイヤを持ち運ぶのは、重いし至る所が汚れてしまうので大変。
  • 取り外したタイヤの保管状況によっては盗難にあってしまうのではないかと不安に思う。

など等個人で管理する場合には結構、苦労や新倍ごとが出てきてしまいます。これらの面倒や不安を解消してくれるのが、オートバックスのタイヤ保管サービスです。

家に有る履きかえるタイヤをオートバックスに持ち込み、店員に保管サービスをしたいと言う旨を伝えて申し込みをすれば、タイヤ交換した後に、履いていたタイヤはオートバックスがタイヤ専門の倉庫の中で保管してくれるのです。

今まで自分で行っていた苦労が一瞬にしてなくなるので、有りがたいサービスになります。

預けることができない物は?

預けられない物

オートバックスのタイヤ保管サービスで、預ける事が出来ない物は実は有ります。

それはアルミホイールに附属しているロックナット類は預ける事ができません。紛失しないと思いますが、紛失した際にオートバックスでは責任の取りようがないですからね。

後は、「ホイールのみ」や「21インチ以上のタイヤホイールセット」も預ける事は出来ません。タイヤ保管サービスと名を売っているのでホイールのみは対象外と言う事になります。また21インチ以上の物は、かなり大きく重くなるので、倉庫の保管場の置き場の問題が関係していると思います。

他には、「オーバーリムホイール」や「ホイールのディスク部がリム部よりもはるかに突出しているホイール」「特殊塗装を施してあるホイール」も預ける事は出来ません。これは確実にキズや塗装剥がれのそれが、起こってしまう事を避けるためです。特殊な物や、大きなタイヤは自分で何とかしてくださいと言う事の様ですね。

スポンサーリンク

サイズ別のタイヤのお預かり料金と延長について

オートバックス相模原店では、サイズ別でタイヤのお預かり料金を設定しています。この料金表は1ヶ月預けた場合の金額になります。

  • 12インチ以下:1000円
  • 13~18インチ:1300円
  • 19インチ以上:1500円

またお得な年間契約もすることができます。13~18インチ:14300円で預かってくれます。1ヶ月分お得になっていますね。

タイヤ保管サービスが便利だからと言う事で延長をしたいと言う方もいる事でしょう。その場合には、現在預けている店舗に行って期間延長の手続きをするだけです。

また連絡がないままサービスを延長している場合には1カ月単位で追加請求を行うことになっています。延長手続きがなく、半年間連絡もない場合には、タイヤの所有権を放棄したものとみなして、オートバックスの方で処分の対象になってしまうので、注意してください。

タイヤを預ける時の流れや申し込みについて

タイヤ保管 手続き

オートバックスのタイヤ保管サービスを受ける場合にはどんな流れになるのでしょうか?

1.タイヤを付け替える時に、タイヤセット保管受付をします。
 受付後、交換したタイヤセットを店舗が預かってくれます。

2.お客様から預かったタイヤはセットは専用の保管庫で保管する事になります。
 専門スタッフが保管の準備をします。

3.専用倉庫でタイヤセットをお預かり期間中大切に保管してくれる事になります。

スポンサーリンク

タイヤ返却の手続きや期間について

タイヤを履きかえる時期は必ずやってきます。その時はどうしたらいいのでしょう。

1.履きかえる時期が来たら、店舗にタイヤ履き換えの連絡をしてください。連絡を受けてから1週間後に引き渡しが可能になります。

2.依頼したタイヤを車に取り付けたら完了となります。

但し、取り付け工賃やタイヤを処分する場合は別途費用が掛かります。また引き続き預ける場合には、そのまま店員さんにタイヤを預けてください。

タイヤ保管サービスの注意事項

タイヤ保管サービス 料金

オートバックスで行っているタイヤ保管サービスではどんな注意事項があるのでしょうか?

  • このサービスを行っていない店舗もあるので、サービスを実施しているか確認してください。
  • 店舗によっては、お預かり料金やサービス内容が違う場合もあるので、確認しましょう。
  • タイヤ交換の時期は他のお客と被ってしまう事があるので、ピット作業の混雑が予想されるので、タイヤ交換を行う場合には事前に店舗に連絡を入れて予約を入れておく方がいいでしょう。
  • タイヤの保管に当たっては万全を期していますが、釘刺さりやパンク・タイヤの自然劣化・ホイールのサビ、天災による損害は補償の対象外となるので、注意してください。
  • お預かり期間を過ぎて、長期間継続手続きをしない場合には、処分をする場合も有りますので気をつけましょう。

まとめ

基本的にはサマータイヤとスタッドレスタイヤを交互に履き替えている方がメインになります。

自宅でタイヤを管理するのは非常に大変ですから、多少の費用は発生しますが、オートバックスに預けておいた方がいろいろと安心できるのではないでしょうか。

まだ、預けた事がない方は一度店舗に行って説明だけでも聞いてみるのもいいかもしれませんよ。

★新車を購入をお考えなら必見!! 知らずに損をすることも

車の買い替えの際、愛車の査定相場を把握しておかないと、ディーラーで下取りを安く提示されている事もわからず、大きな損をしてしまいます・・・

・走行距離が多い
・事故歴がある
・年式が古い
実はこういう車でも高値が付く事も多いんです!

最大65万円も差がでた車もありますのでネットの一括査定サービスを利用しましょう。

今乗っている車を一括査定して、愛車の最高額を知ることで買い替えの際に買取額を把握できます!

【簡単査定ガイドの特徴】 簡単車査定ガイド

●まずは無料で簡単に査定可能(愛車の情報を入力)
●入力してたった1秒で愛車の最高額(概算)がわかる
●最大10社の大手買取業者から一括査定、比較できるので安心

 

>>『かんたん車査定ガイド』公式サイトはこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする